ボイトレtips

できない人必見!リップロールが必ずできるやり方と3つのボイトレ効果

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

私が日頃からボーカルレッスン・ボイストレーニングで行なっている定番の基礎練習のご紹介です♬

今回はボーカリスト定番のウォーミングアップ方法「リップロール」について。
リップロールには発声の基礎が身に付いて、安定した歌を歌えるようになる効果があるんです!

しかし、慣れていない人にとってリップロールは少し難しく感じるようです。

定番のボイトレ方法「リップロール」の効果とやり方について解説します♬

ボイトレの基礎練習・リップロールって何?

リップロールとは、唇を閉じた状態で息を吐いて「ブルブルブルブル〜」と唇を震わせる発声練習です。

子供の頃とかにやったことある方も多いのではないでしょうか?

リップロールは歌の上達のために非常に効果的なボイトレメニューですが、プロの方をはじめ、多くのボーカリストのウォーミングアップとしても活用されています。

そのためウォーミングアップと基礎練習を兼ねてレッスンの最初に行なっているんです。

リップロールの効果・メリット

レッスンを始めたばかりの方はリップロールをしましょうと言うと戸惑うようです。
ふざけているように感じるようですが私はいつも本気です。笑
本当に歌の上達に役立つ基礎練習なんですよ!

脱力が身に付き、喉声の改善に繋がる

喉に力の入った無理な発声だとリップロールはできないんです。
ブルブルと震えていても喉に無駄な力が入った瞬間、唇の震えが止まるので「あ、喉が締まった!」ってすぐに気付けます。

歌ったり喋ったりすると喉が疲れる方、喉声に悩んでいる方はぜひリップロールで脱力のコツを掴みましょう!

適切な息の量を理解して、安定した声で歌えるようになる

歌う時の息の量のバランスってすごく繊細で難しいんです。
弱すぎると息が続かなかったり、吐き方が強すぎると今度は無駄な力が入って喉を痛めてしまったりする原因になります。

その点、リップロールで「ブルブル」と唇が震えている時の息の量は、歌う時の理想的な息の量なんです。

リップロールで発声して唇が止まるようなら、息の吐く力加減がまだ適切ではないと判断できます。

目視で確認できる目安になるのでリップロールはオススメなんです。
リップロールで音程に合わせた理想的な息の量を覚えましょう!

横隔膜のトレーニングも兼ねている

リップロールはある程度、息を強く吐く必要があります。
この息の強さは日常会話よりも強いです。

リップロールで発声練習をすると横隔膜も鍛えられるので声のコントロールが上手になったり、声量アップも期待できます。

地声と裏声の行き来がスムーズになる

地声と裏声をスムーズに行ったり来たりするのは難易度が高く、苦手な方も多いと思います。
こういう時は地声と裏声を行き来する際、力んでしまい、発声が不安定になってしまっている場合が多いです。

リップロールには歌唱時の力みを改善する効果があるため、ボイトレに取り入れることで地声裏声を入れ替えるようなコントロールの難しいフレーズもスムーズに歌えるようになっていきます。

リップロールで行なうボイトレ方法

実際にリップロールでボイトレする手順を解説します!

初心者は息だけでリップロールしてみる

最初から音階を歌いながらリップロールするのって難しいんです。
いきなりリップロールで歌う必要はありません。

リップロールをしっかりできるようになるまで声を出さず、息だけで練習してみましょう。

実際にリップロールで歌ってみる

リップロールがある程度できるようになった人は、実際にリップロールで歌ってみましょう!

音の高さは何でも良いです。
好きな音程をリップロールで歌ってみましょう。

リップロールがどうしてもできない時の解決策!

リップロールは最初からできる人と、最初は全くできない人がいます。
傾向としては普段から喉声で発声している人にリップロールができない人が多いです。
あと、唇が薄い人にできない人が多いと言われています。

でも大丈夫です!
呼吸や発声が安定していくうちに徐々にできるようになるものなので焦らず練習していきましょう。

ため息をついてみる

リップロールがうまくできない人のほとんどが力が入ってしまって息がうまく抜けないことが原因なんです。

歌おう!と意気込んでやるとかえってできません。
リラックスが大事!

そんな時は一度落ち着いて深呼吸しましょう。
肩や喉がリラックスしてきたら、今度は深呼吸。
そして、息を吐く時に深くため息をついてみましょう。

肩の力を抜きながら「ふぅ~」と軽く声にしてみましょう。
その時に口をしっかり閉じてリップロールしてみるんです。
これでずいぶん力みもとれてリップロールができるでしょう。

下唇を突き出してリップロール

リップロールができなくはないが上手く続かないという方は、下唇を少し前に突き出すように口を閉じると上手にできます。

突き出しすぎると顎に力が入ったりして本末転倒なので本当に少しで良いです。笑
これである程度、喉や顎がリラックスした状態が作れて上手にできるようになります。

ほとんどの人がこれで解決!顎を手で固定してリップロール!

リップロールがどうしてもできない!何をやってもできない!と諦めモードのあなたに絶対できる裏技を教えます!(早く言え!と突っ込まれそうですね。笑)

リップロールできない人の多くは顎や喉に力が入って息がまっすぐ出せないために上手にできないんです。

手のひらで顎を固定してみてください。そのままリップロールしてみてください。
すごくやりやすくなります。
さらに先ほど紹介したように下唇を少し前に突き出すと完璧です。

リップロールで楽な発声ができるようになると、歌はどんどん上手になる

リップロールは最初、レッスンでやってもできない人の方が多いです。
力んだ発声、腹式呼吸ができない、口が動いてしまうなどいろいろ理由はありますが、リップロールでそれらを克服できた暁には、楽な発声が身に付くので発声もずいぶんと安定してきます。

最初はできなくても焦らず日頃の隙間時間にやってみてください♪

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事