ボイトレtips

冬は声が出にくいのはなぜ?ボイトレとストレッチで歌声をキープ!

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

寒い毎日で歌いづらさを感じていませんか?

なんだか声がカサつく、力みを感じて高音が歌いにくい、声が裏返りやすくなった。
冬場は冷えて身体も固まってスムーズに発声できないと感じることも増えますよね。

そんな喉にとっては過酷な冬場の発声をスムーズに行なうために日頃から取り入れたいボイトレとストレッチについてご紹介します!
ぜひお試しください!

冬はなぜ声が出にくい?

そもそも冬場はなぜ声が出しにくく感じたり、歌いづらく感じるのでしょうか?
それは喉にとって過酷な環境下が関係しています。

喉の筋肉も緊張しやすい

寒くて身体がこわばる感覚ってありますよね。
これは身体だけに限ったことではなく、声を出すために使われる喉周りも寒さによって緊張しやすくなるため、歌いづらさを感じてしまうのです。

身体も固まって歌声に影響する

声を出すのは全身運動です。
身体のコリや柔軟性の低下によって歌声にも不調が出やすくなります。

乾燥で思うように声が出せない

喉が乾燥すると声が思うようにコントロールできなくなります。
乾燥している冬場は喉の潤いを保ち、歌のコンディションを整える意識を持つことが大切です。

ストレッチのススメ!冬こそ入念にウォーミングアップ!

乾燥や冷えで声が思うようにコントロールできなくなる冬場こそ、いつも以上にウォーミングアップと柔軟を行なうようにすることをオススメします!

発声のウォーミングアップ

気温の低下により、歌いにくくなる冬場にこそやってほしい発声練習について紹介します。
乾燥もしている時期なので水分補給してしっかり喉を潤しながら行なってみてください!

ハミング(喉の加湿効果あり!)

ハミングは定番のボイトレ方法です。
口を閉じて発声するハミングは冬場の時期には喉の加湿にも繋がるので積極的に行いたいボイトレです。

リップロール(唇周りの柔軟性が向上!)

寒さで唇周りも固まっていませんか?
リップロールで口の周りもほぐしていきましょう。
力みや緊張を感じる時には特に効果的なボイトレ方法なのでぜひ入念にやってみてください!

エッジボイス(ウォーミングアップに最適!)

急に大きな声で歌ったり、高音域を歌ったりすると喉への負担が大きくなります。
冬場のように喉にとって過酷な環境下では特にウォーミングアップが大切です。
そんな時にはエッジボイスを試してみてください。
声帯をゆっくりと稼働させるエッジボイスは冬場のウォーミングアップにも最適です。

発声前にオススメのストレッチ!

冬場は顔周りが常に外気にさらされているため、急激に表情が固まってしまうものです。
今回は特に寒さでこわばってしまう顔と首周辺のストレッチをご紹介します!

首のストレッチ

寒い時期に思うように声が出せなくなる原因の多くは首のコリです。
首をコリをほぐすストレッチをご紹介します。

  1. 首を左に倒して左手を頭に乗せ、手の重みで首筋を伸ばします。
  2. 首を右に倒して同じく手の重みで首筋を伸ばします。
  3. 下を向いて両手を頭に乗せ、首の後ろから肩甲骨を伸ばしていきます。
  4. 両手を合わせて親指で顎を持ち上げるようにして上を見上げます。
  5. これらをそれぞれ15秒ほど行なった後、ゆっくり首を回してほぐします。

耳裏のリンパストレッチ

耳の裏側に位置するリンパを指で優しく流してあげることで力みも取れて、口が開けやすくなります。
口が開くとリラックスして声もスムーズに出すことができます。
揉みほぐすというよりもさするイメージで優しく行なうのがポイントです!

  1. 口元を脱力させた状態にします。
  2. 首の下あたりから首筋にかけてさするようにリンパを流していく。

表情筋も入念にストレッチ!

顔は常に外気に触れているため、冬場はどうしてもこわばってしまいます。
そんな時は表情筋のエクササイズも効果的です!

表情筋のトレーニングについてはこちらの記事をご覧ください!
【毎日ボイトレ】1日たったの5分!声も印象も変わる表情筋トレーニング

準備運動と喉の乾燥対策で楽しいボイトレライフを過ごしましょう!

冬の時期は喉の冷えや乾燥で歌うには過酷な季節です。
入念なウォーミングアップ、喉の乾燥対策をしっかり意識して毎日快調な楽しいボイトレライフをお過ごしください!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事