ボイトレtips

自分に合う曲の高さとは?気持ち良く歌えるキーを見つけるコツ!

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

好きになった曲を歌ってみたら思いの外、高くて歌えなかった!
こういうことってよくありますよね。

自分の音域とか、どれくらいの高さの曲が合うのかを判断するのって結構難しくて迷いますよね。
自分が気持ち良く歌えて、人にも気持ち良く聴いてもらえる理想のキーってどのあたりなんでしょうか?

今回は自分の音域に合う曲の見つけ方について分かりやすく解説していきたいと思います。

自分に合うキーを見つける方法

曲のキーを決めたり、自分に合う音域の選曲をするのって追求していくとすごく奥が深くて難しいです。

私も歌う時に一番悩むのがキー設定です。
少し音域が変わるだけで声の印象も変わるのでライブで歌う曲を決める時、キー設定は入念に行います。

とはいっても普段好きな曲を歌う時、カラオケで楽しく歌う時にはそんな迷わずサッとこのあたりのキーだよな!ってラインを知っておきたいですよね。

曲のキー設定に迷ったら今回の記事を参考にしてみてください!

サビの音域で合わせる(一番高い音程)

まず、これは鉄則です。
何となく出だし(Aメロ)を歌ってみていけそう!って思ってもカラオケで歌ってみるとサビめちゃくちゃ高い!辛い!

カラオケあるあるですね。

一番高い音程は、サビで出てくることが多いので、迷ったらサビを歌ってみて判断するのが一番手っ取り早くて失敗も少ないです。

たまに最後のサビで転調(キーが上がる)なんてフェイントもあるのでそういう場合は、最後のサビを参考にキーを決めていきましょう。

音域が広い曲では低音で判断する場合もある

もう一つ、キーの決め方でその真逆もあります。
曲中の一番低い音程部分を歌って合わせる方法です。

時々あるんですよ。
サビめちゃくちゃ高い!!
良し!キー下げてみよう!
あれ?え??
Aメロ低すぎて歌えない…みたいな。笑

例えばポップスだと1オクターブ半までの音域で曲が作られていることが多いのですが、最近では1曲の中で2オクターブ以上使われる曲も増えています。

例えば有名なアーティストさんだと男性は米津玄師さん、女性だとMISIAさんあたりは生徒さんも音域の広さに苦戦してることが多いかなー。

歌の音域ですが、高音は無理すればとりあえず出せるんですよ。笑
無理やり出すのはオススメしませんが地声の高音域ならば裏声で出すとか工夫すれば方法はいくらでもあるんです。
でも低い声って限界があって本当に出せない低さだとどうにもならないんです。笑

こういった音域が広い曲は低い音程がちゃんと歌えることを確認した上で、高音域はボイトレで将来的に出せるようになれば良いのかなと思います。

曲調によってもキーの決め方が変わってくる

もう一つ、曲のキーや自分の音域に合う曲を見つける基準にしてほしいポイントとして曲調があります。
キーを決定するのに曲調はとても大事なんですよ。

歌えれば良いというわけでもなくて同じ歌いやすさでも聴いた印象は曲調によってもまるで違ったものになる場合があります。

【スローバラード】しっとりと歌い上げる時のキー設定のコツ

しっとりと切なく歌い上げるバラードソング。
こういった曲のキーを決める時に迷ったら少し余裕のあるキーに設定しましょう。

歌うので精一杯というような音域に設定してしまうと聴き苦しくなる場合が多いです。

ある程度、発声の知識があり、ミックスボイスなど丁寧に低音から高音まで行き来できるようになっている方は聴きやすい歌い方ができるかもしれません。

しかし、まだ発声も不安定で慣れていない方、ましてや覚えたての曲だとしたら尚更低めの設定にしておいた方が安全です。

こういったバラード曲のキーを決める時には私も低音部分を判断材料にすることが多いです。

【アップテンポ】盛り上がる曲のキー設定のコツ

カラオケでも盛り上がれそうなアップテンポでノリが良い曲、それからロック系のような激しめの曲のキー設定についてです。

こういった曲調の場合は、バラード曲と違って余裕があるキーだと途端にダサくなることがあります。

ロック系の曲は音域広い曲が多いですよね。
それが物語ってると思うんです。

ロック系で余裕がありすぎる歌い方は少し考えもので、説得力やカッコよさが薄れてしまうことは多いです。

こういった曲調のボーカルのキー設定では、サビなど一番高いところを参考にしつつ、カッコよく歌えるキーを探っていくことが多いです。

音域、曲調を目安に自分の一番輝くキーを見つけましょう

今日挙げたキー設定のコツはほんの一例ですが、私もボーカルレッスンでキーの確認をする時、曲の低音域と高音域、それから曲調とのバランスも含めてジャッジしています。

最初に述べたように半音(カラオケ機器でいう+-1)変わるだけで声の質感とか張りって全然変わるんです。

まずは自分が好きでよく聴いているアーティストを自分の音域にあてはめて一番合うキーを探してみてください。

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事