ボイトレtips

ボイトレには筋トレが必要?歌声に与えるメリット、デメリット

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

今回は、ボイストレーニングに筋トレは必要なのか?腹筋を鍛えれば歌が上手くなるのか?という点について詳しく解説していきたいと思います。

筋トレをすれば歌が上手くなるという意見がある一方、筋トレは必要ないという声が挙がるなど、いろいろな意見があります。
今日は、筋トレが歌声に与えるメリット・デメリットから、具体的なトレーニング方法までご紹介します。

筋トレはボイトレに必要なのか?不要なのか?

筋トレとボイトレの関係について、結論としては身体のトレーニングによって歌の上達に繋がるといえます。
ただ、筋トレをすれば歌唱力が身に付くという話でもないのです。

発声が安定したり、肺活量が上がったり、高音域が歌いやすくなったりということは考えられますが筋力がついたところで音程がしっかり取れるようにはなりません。
筋トレによってリズム感が良くなるなんてことも有り得ません。

基本的には毎日歌を口ずさんだり、ボイトレをしたり、素直に練習に励んだ方がよっぽど歌の上達には繋がります。
では、筋トレがボイトレに与える影響にはどんなものが考えられるでしょうか?

筋トレがボイトレに与えるメリットとは?

それでは筋トレによって歌にどのような影響が出るのか。
どんなメリットがあるか考えてみましょう。

メリット①発声が安定する

まず挙げられるメリットとして発声が安定するということがいえるでしょう。
通常、歌う時には横隔膜が下がった状態をキープする形になっています。
横隔膜の上げ下げに腹筋周りの筋肉が働いているため、筋力があまりに足りないと腹筋周りの支えや横隔膜の動きが安定せず、歌も不安定になってしまいます。
歌うために腹筋をすると良いという風潮はここからきているのだと思います。

メリット②歌う基礎体力がつく

筋力がつくことで歌う持久力が備わり、長時間歌えるようになっていきます。
そんな長時間歌わないよ、という方の中にも例えば1曲通して歌うと最初は調子良いのに後半疲れてくるという人も多いはず。
そういった方も1曲通して安定して歌えるようになるので筋トレ自体はオススメです。

メリット③高い声が出しやすくなる

音程は高くなればなるほど息の量が必要になります。
ハイトーンの発声を支えるのが体幹です。
筋力がつくことで高音域が歌いやすくなるのは間違いないでしょう。

筋トレが歌声に与えるデメリット?

それでは筋トレをすることでデメリットもあるのでしょうか?

過度に鍛えて良いわけではない

筋力を鍛えれば何でもかんでも歌声に良い影響を与えるというわけではありません。
発声するために必要な体幹部分は鍛えることで、歌声に良い影響を与えるということは考えられますが、例えば胸筋や首周りは鍛えすぎると声帯が思うように動かせなくなり、音域が狭まったり、思った通りに声が出せなくなったりすることも考えられます。

何でもやりすぎは禁物です。

やり方を間違えると痛める危険性もある

もう一つ注意が必要なのが筋トレの「やり方」です。
腹筋や胸筋のトレーニングはやり方を間違えると腰を痛めたりする可能性もあります。

筋トレは正しいフォームで行なうからこそ効果があるものです。
正しいやり方を身に付けて行なうように注意しましょう。

歌声が劇的に変わるボイトレ方法

歌の上達のために一般的な筋トレをすると逆に痛めてしまう危険もあります。
ここからはそういったリスクも少なく、高い声が出て歌も安定するために必要な筋力を鍛えることができるボイトレメニューをご紹介しましょう。

体幹トレーニングの定番!フロントブリッジ

サッカーの長友佑都選手が流行らせたことで広く知られるようになった体幹トレーニング。
この体幹を鍛えるのは非常に歌にとって重要です。
その中でも定番のフロントブリッジは非常に効果的です。

やり方は簡単です。

  1. うつぶせに横になる
  2. 肘をついて腕を肩幅まで広げて体を起こす
  3. 肘の角度は90度で床をつける
  4. 足はつま先立ちで腰を浮かす
  5. 足から首にかけて体全体がまっすぐになるようにしてキープ

これを1セット30秒〜60秒くらいを基準にやってみましょう。
この時に上半身が反らないように注意してください。
体全体がまっすぐになるのがポイントです。
キツくなってくるとどうしても楽な腰を浮かした姿勢になってしまいますが、これでは腰を痛めていまうので危険です。

この体幹トレーニングをしながら好きな曲を歌ったりすることで筋力をつけながら、発声のための身体の使い方も覚えることができます。
フロントブリッジは腹筋だけでなく背筋も含めた体のコアな部分(体幹)に効いてくれるので効果抜群です。

ボイトレ初心者には腹筋よりも背筋トレーニング!?

ボイトレ初心者の方でよく筋力が足りないからと腹筋をしようとする人がいますが、初心者にこそ腹筋よりも背筋のトレーニングをしてほしいです。
背筋を鍛えると猫背改善になり、姿勢が良くなります。
姿勢が良くなるだけで発声が安定し、声も出しやすくなります。

さらに腹式呼吸を始めたばかりのボイトレ初心者は腹筋(前側)を意識し過ぎて、肩にも力が入ってしまう場合があります。
背筋トレーニングをしながら歌うことで背筋が伸び、正しい姿勢での発声がしやすくなります。

具体的な背筋トレーニングのやり方は以下の通り。

  1. 両足を揃えてうつ伏せに寝る。
  2. そのまま両手、両足を地面から5~10cmほど浮かす(海老反り状態)
  3. そのまま30〜60秒キープ。

この練習もフロントブリッジと同じく好きな曲を歌いながらやってみると身体の使い方と発声がリンクしやすくなります。

「筋トレ」と「ボイトレ」を同時にやろう!体も声も鍛えられてオススメです!

前述した筋トレメニュー、ぜひ歌いながらやってみてください。
なかなかキツいメニューなので、やりながら歌うことで喉周りが力みにくくなります。
筋力も鍛えられながら脱力した発声も身に付くのでオススメです!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事