ボイトレtips

今すぐ実践できる!少しの違いで上手に聴こえる歌い方のコツ!~5選~

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

歌が上手になるには練習の積み重ねが大切です。
正直、上達を感じるためには時間が必要です。
でも、簡単に今よりもっと歌が上手く聴こえるコツがあれば知りたくないですか?
実はいつもの歌い方を少し意識的に変えるだけで歌声の印象が良くなる方法もあるんです!

今回は今すぐ実践できる上手に聴こえる歌い方のコツを5つご紹介します!

些細な違いで歌は上手に聴こえるもの!

歌声というのは非常にデリケートです。
ほんの少し意識を変えるだけで歌いやすくなったり、声の印象が良くなったりすることは多々あります。
理想の声で歌うためにこの些細な違いを見つけることがボイトレ上達の秘訣だと思っています。

さて、本題ですがボイトレの成果が出るまでには練習を積み重ねて時間もかける必要がありますが、ほんのちょっと歌い方の意識を変えるだけで歌声の印象も良くなり、実際に歌いやすくもなります。

今回はすぐに違いを実感できる上手に歌えるコツについてご紹介します!

歌詞をはっきりと歌う

歌い方が平坦に聴こえる方の多くが歌詞をぼんやりと歌ってしまっていると感じています。
これは音程やリズムを気にしすぎて上手に歌おうという意識が強すぎるのです。
もっと伸び伸びと歌うだけで十分上手に聴こえるのに、という歌い方をしている人をたくさん見てきました。

日本語を例に例えると「あ」「い」「う」「え」「お」と5つの母音がありますが、それぞれをハキハキと発音するだけで随分と歌の印象が良くなりますよ!

表情は明るめを意識するのがベター!

発音と合わせて意識したいのが歌う時の「表情」です。
無理して作り笑いをする必要はありませんが多くの場合で表情は明るい方が印象が良く聴こえます。
口角が上がった歌い方は理想的な発声方法だからです。

口角や表情筋を使った歌うと具体的には、

  • 「響きのある良い声で歌える」
  • 「声の通りが良くなる」
  • 「滑舌が良くなり、歌詞が聴き取りやすい」
  • 「高い声も出しやすくなる」
  • 「音程が取りやすくなる」

など多くの変化を得ることができます。

表現として表情を暗く歌うこともありますが基本的には口角を上げて明るい表情を意識するようにしましょう!

1拍目のリズムを感じて歌う

歌い方が単調に聴こえる方やリズムに自信がない方は1拍目のタイミング(リズム)を意識するようにしてみましょう。
リズムが難しい複雑な曲では適さない場合もありますが多くの楽曲でこの1拍目を意識して歌うだけで声の印象が変わります。

1拍目とは「ワン、ツー、スリー、フォー」とカウントした時の「ワン」のことです。
この最初の拍を意識して歌うだけで声にリズムが生まれ、メリハリのある歌が歌えるようになります。

リズム感に自信がない人はこちらの記事を参考にご覧ください!
リズム音痴必見!リズムのコツを確実に習得する4ステップ!

強弱は大げさに表現!

強弱なら意識して歌っているよ!と思う人もいるでしょう。
しかし、歌が平べったく聴こえる多くの人の歌い方は強弱が控えめだと感じています。
強弱を付けて歌うことを意識すると歌の印象が格段に良くなることは多いです。

この時に意識する強弱ですが、特に「弱く歌う」ことを意識するとコツを掴めるでしょう。
小さく歌う部分をより小さく意識してみてください。
人間の声量は個人差はあれど限界があります。
大きく声を出すのは限りがあるので多くの歌い手やアーティストさんは「弱」で歌う所をしっかり作ることで抑揚を出しています。

ビブラートの習得もオススメ!

歌が単調に聴こえる人はビブラートの練習もしてみませんか?
ボーカルテクニックの代表格「ビブラート」は歌の表現力を良くしてくれるのはもちろん、さまざまな楽曲に取り入れられているテクニックです。
さらに習得もそこまで難しいものでもないのでぜひビブラートをマスターして歌に取り入れてみましょう!

ビブラートのかけ方が分からない!そんな方はこちらの記事を参考にしてください!
【歌うまの称号】初心者から始めるビブラートのかけ方と習得方法

歌声の印象は工夫次第で飛躍的に良くなる!

歌声って不思議なもので少し強弱を付けたり、少し意識を変えるだけで急に印象が変わることも多々あります。
自分の歌声に気付くためにも日頃から録音をオススメします。
歌っては録音をして聴き返してご自身の歌声の変化していく過程を楽しんでみてください!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事