ボイトレtips

「ハモリ」と「コーラス」の違いとは?それぞれの歌い方のコツを解説!

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

「即興でハモれるようになりたい!」
「この曲は素晴らしいコーラスワークだ!」
こんな風に思うことってありますよね!
さて、それではハモリとコーラスは何が違うのでしょうか?
ハモリとコーラスは混同されやすいのですが実際には似ているようで異なります。

今回は「ハモリ」と「コーラス」それぞれの違いから歌い方のコツまでを解説していきます!

ハモリの練習方法についてはこちらの記事で解説しています!
ハモリができない!釣られてハモれない人も必ずできるようになる練習方法

「ハモリ」と「コーラス」の違い

ハーモニーは歌をより厚く豪華に彩ってくれる大事なパートです。
しかし、普段は何気なく使っている「ハモリ」「コーラス」という言葉の違いを皆さんはご存じでしょうか?
「ハモリ」と「コーラス」の違いについてご紹介しましょう。

ハモリとは?

ハモリとは、メインのメロディに合わせて歌ってハーモニーを奏でる歌唱法です。
代表的なのが「字ハモ」と言われるメインメロディが歌っている歌詞を違う音程で一緒に歌うものです。
歌詞を引き立たせたいフレーズなどでよく使われるハモリ方法でサビなどの聴かせどころに入っていることが多いです。

コーラスとは?

コーラスとは、メインのメロディとは異なるメロディを歌う補助的な役割として取り入れられます。
メインとは異なるメロディを歌うため、コーラスは複数人で歌われる前提で複数のパートが存在します。
いわゆる「合唱」をイメージしてもらえると分かりやすいでしょう。

「ハモリ」と「コーラス」歌い方の特徴やコツ

ハモリとコーラスでは歌い方に明白な決まりがあるわけではありません。
どちらもメインのメロディを補助し、より良く聴かせるためのサポートとして機能しているかどうかが全てですが、ハモリとコーラスそれぞれに適した歌い方の特徴があります。
「ハモリ」と「コーラス」のそれぞれの歌い方のコツについてご紹介します。

ハモリの歌い方の特徴・コツ

代表的なハモリとして「字ハモ」といわれるメインのメロディと一緒に歌詞を音程違いで歌う方法があります。

ハモリ例)ゆず、ゴスペラーズ

ハモリの歌い方の特徴

ハモリはメインの音程に対して3度、5度など異なる音程を同じ歌詞、同じリズムで歌っていることが多いです。
ただ、歌い方の制約は少なく、メインと同じ声質で歌う場合もあれば、メインとは異なる声色で歌う場合もあり、自由度は高いです。
メインのメロディの癖に合わせて歌う場合もあります。
ボーカルの歌い方の個性が強い場合、音源ではメインボーカル本人がハモリを歌っている場合も多いです。

ハモリのコツ

歌い方に自由度が高いハモリでも、やはり音程の正確さは必要不可欠です。
ハモリを上手に聴かせるためには定番の3度上や3度下の音階から始めて、あらゆるハモリパターンを練習することをオススメします。
特に歌い出しの音程をピタッと合わせることが大事です!
入念に練習しましょう!

コーラスの歌い方の特徴・コツ

コーラスは楽曲のサウンドを厚くして、壮大に聴かせる役割を担っています。
メインメロディとは違うパートを複数人で歌います。

コーラス例)Little Glee Monster、QUEEN

コーラスの歌い方の特徴

歌詞やメインのメロディを引き立たせるハモリとは異なり、楽曲自体を引き立たせるのが「コーラス」です。
楽器パートの一つとして歌う必要があります。
個性よりも強調性が求められるパートで発音も子音を立てすぎず、なるべく母音発声を心がけます。

コーラスのコツ

ハモリよりも自由度が低く、キッチリと歌っていく必要があります。
しゃくりやフォールなどの音の揺れはもっての外!
音が揺れると「音程が外れた」ように感じます。
ハモリ以上に丁寧さを求められるので音程に自信がない人は音階練習を繰り返して正確に音を取れるように練習していきましょう!

あらゆる曲のハモリ、コーラスを聴いて耳と声を鍛えよう!

「ハモリ」と「コーラス」には歌い方の違いはあれど、やはりどちらも正確な音程を求められることに変わりはありません。
普段自分が何気なく聴いていた音楽にも必ずと言っていいほどハモリやコーラスが入っています。

あらゆる曲のハモリ、コーラスパートを意識して普段から聴いておくだけでも音感は鍛えられます。
ぜひいろいろな曲を聴き漁ってみてください!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事