ボイトレtips

【女性向け】人気曲でボイトレ!夏に歌いたい!オススメソング10曲

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

日本には春夏秋冬、季節があります。
それぞれの季節にそれぞれの名曲が存在します。
最近は暑くなってきましたがこの季節になると聴きたくなってくる曲ってありますよね!
この夏、聴くだけじゃなくてカラオケで歌ったり、ドライブのお供に聴いてみたり。
そんな夏にピッタリの曲をご紹介したいと思います。

今回は女性にオススメのサマーソングのご紹介です!
ボイトレの参考に解説付きでお届けします!

夏にオススメの男性曲についてはこちらをご覧ください。
【男性向け】人気曲でボイトレ!夏に歌いたい!オススメソング10曲

女性にオススメ!夏のボイトレに人気の曲

今回は夏にオススメの女性曲をご紹介します。
最新曲から毎年夏になるとレッスンする機会が増える人気曲までさまざまな曲を厳選しました。
この夏にピッタリのレパートリーを増やしましょう!

【ボイトレの解説付】夏にオススメの男性曲特集!

君がくれた夏/家入レオ

夏の切ない部分を表現した曲です。
家入レオさんの曲はどことなく哀愁をまとっていますよね。

この曲は王道のポップスバラードとあって非常に歌いやすいので歌に自信がないという方にもオススメの曲です。
無理に声を張り上げずとも言葉を一つ一つ丁寧に歌うことで人の心にもちゃんと届く歌が歌えますよ。

secret base〜君がくれたもの〜/ZONE

夏の終わりに聴きたくなる定番ソングです。
夏の終わりと別れを歌った切ない曲です。

サビでしっかりリズムに乗りながら歌うのが上手に聴かせるコツです。
リズムに乗って歌うだけでとても滑舌良く歌詞も聴き取りやすくなります。

真夏の匂いがする/あいみょん

「真夏の夜の匂いがする」まさにそう感じさせてくれる作品です。

あいみょんさんのパワフルな歌声で歌われたこの曲も夏にピッタリな曲ですよね。

あいみょんさんは息継ぎする箇所がとても独特なので、練習する前にどこで息継ぎするかを事前に決めておくと上手に歌えますよ!

真夏の夜の夢/松任谷由実

キーが高い曲は歌えないという方にはユーミンの夏ソングはいかがでしょうか?
音程がそこまで高くないユーミンは地声が低い女性にもオススメです。

この曲を上手に聴かせるコツは言葉の頭をはっきり歌うことです。
歌い出しをしっかり歌うことでユーミンの歌詞の世界をしっかり伝えながら歌うことができますよ。

花火/aiko

夏のワクワク感をたっぷり感じられるaikoさんの人気曲です。
何回聴いてもサビの「夏の星座にぶら下がって上から花火を見下ろして」って歌詞がすごすぎて感心してばかりです。

aikoさんは音程取りづらいし、リズムも難しいです。
しっかりリズムに乗ること、それから拍の頭を意識して思い切りよく歌い出すようにすると、上手に歌うことができます。

ただ君に晴れ/ヨルシカ

軽快なギターにヨルシカのボーカルsuisさんのストレートな声が合わさり、爽やかな夏の匂いを感じさせてくれる曲です。
ヨルシカの作品は難解な曲も多いのですが、この曲はメロディも非常にシンプルで歌いやすいです。

この曲はあまり力いっぱい元気いっぱいに歌うと違和感があります。
語りかけるように歌詞を大切に歌ってあげるとこの曲の世界観が表現できて良い感じになると思います!

あの夏の花火/DREAMS COME TRUE

ドリカムのボーカル吉田美和さんの声は歌唱力の高さもさることながら、楽曲を聴いているだけでその時代や匂い、思い出を鮮明に思い出させてくれるパワーがありますよね。

この曲に限らずドリカム曲は高音域でも柔らかく響きのある声でなおかつ芯のある歌が歌えています。
しかし、これは吉田美和さんの歌唱力あってです。
普通の人が同じように歌うのは至難の業!

気を付けないと力任せに歌ってしまってダサい結果になってしまうかもしれません。
ミックスボイスの練習をして脱力した発声を身に付けるのもオススメです。

HANABI/いきものがかり

いきものがかりの2ndシングル曲です。
疾走感と哀愁をまとった夏にピッタリの曲で、実際に歌ってみるととっても気持ち良いです!
ライブでも絶対盛り上がる曲ですよね。

この曲はAメロと、疾走感全開のサビでメリハリをつけて歌いたいですね!
差をつければつけるほどカッコよく歌い切ることができます!

金魚花火/大塚愛

イントロから夏を感じる作品です。
大塚愛さんといえば「さくらんぼ」のイメージが強いかもしれませんが「プラネタリウム」をはじめ、バラード曲の人気も高いですよね。
個人的には今回ご紹介した「金魚花火」、「黒毛和牛上塩タン焼680円」などユーモアのある大塚愛さんの表現は非常に興味深いです。

この曲は近年のポップスに比べるとメロディもとてもシンプルで歌詞を丁寧に歌いたい作品です。
一つ一つの言葉を丁寧に、なるべく音の繋がりも滑らかに歌ってあげるとこの曲の持つ魅力いっぱいに歌えるでしょう。

夏が来る/大黒摩季

最後に夏の定番曲です。
大黒摩季さんはカッコいい女性ボーカリストの代表的な存在ですよね。
歌唱力もやばい!聴いても歌っても気持ち良い!カッコいい!

この曲のサビはとんでもなく高く、そしてエネルギッシュです!
最後まで歌うとヘトヘト、なんて人はなるべくサビ以外で温存して歌えるように練習して完コピ目指しましょう!

夏の曲のレパートリーを増やして熱い季節を楽しみましょう♪

夏の曲ってなんだか元気になれる曲が多いですよね。
聴いたり歌ったりして夏の暑さをガツンと跳ね飛ばす!
そんなサマーソングのレパートリーを増やして楽しい夏を過ごしましょう♪

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事