ボイトレtips

ギター初心者脱却!〜瞬時にコードチェンジするコツ・実例集〜

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

ギターのコードチェンジって奥が深いですよね。
そもそもギターはどんなに早く押さえたとしても必ずタイムラグが発生してしまう楽器です。
とはいえ、やはりギターのコードチェンジが早いに越したことはないし、移動が遅すぎると演奏自体も聴いていられるものではなくなりますよね。

特にギターを始めたばかりの頃はコードチェンジが思うようにいかず、悶々としてしまうものです。
今回は、ギターのコードチェンジを瞬時に行なうためのコツを実例を交えながら解説していきたいと思います。

ギターのコードチェンジが上手にできない原因

コードチェンジが素早くできないのには原因があります。
よくある原因を挙げてみましょう。

原因1.指を一本ずつ押さえ直してしまっている

コードチェンジの時に指を1本ずつ押さえてしまうとコードチェンジはスムーズにできません。
これは特にギター初心者に多い原因で、押さえる指をすべて同時に押さえる練習をしていく必要があります。

原因2.手を弦から離しすぎている

これもコードチェンジが上手にできない人に多く見受けられます。
上手にコードを移行するコツは弦から指を離しすぎないこと!
弦から指を離す時、少し浮かす程度に留めておくことを意識しておきましょう。

原因3.直前のコードをギリギリまで弾きすぎている

TAB譜や楽譜を見てみてください。
譜面上の見た目上はギリギリまで直前のコードを弾いているように見えますよね。
しかしこれが間違いのもとです。

ギターは、ピアノのようにフットペダルを踏んで音を伸ばしている間に次のコードを押さえる準備ができる楽器と違うのです。
ギターという楽器は必ず指を離して、次のコードを押さえるまでに空白ができるものです。

真面目にコードチェンジのギリギリまで弾くというのは厳密には無謀な話なんです。
もちろん空白の時間が少ないほうが演奏は滑らかに聴こえますが最初のうちは少し早めにコードチェンジする意識で練習すると良いでしょう。

コードチェンジが瞬時にできるようになるコツ(実例集)

ここからはいくつか実例を交えながらコードチェンジが滑らかになるコツを解説します。

【コードチェンジのコツ】共通の指を動かさないことで無駄な動きをなくす

コードチェンジの時に無駄な動きを無くすことは非常に重要です。
そのためにコードチェンジする時に押さえる位置が変わらない指を弦から離さず、そのまま押さえておくという癖をつけておくと良いでしょう。

例1)
コードC→Amの場合
人差し指と中指はそのままに薬指だけ動かせば1ステップでコードチェンジ完了!

例2)
コードG→G7の場合
中指、薬指はそのままに1弦を小指から人差し指に変えるだけ!1ステップでコードチェンジ完了!

こちらの記事でもコードチェンジについて解説しています。
ギター初心者必見!コードチェンジで挫折した時に解決する裏技!

指の位置関係が似ているコードを一斉に移行する

コードチェンジに伴ってそれまで押さえていた指をすべて移動しなくてはいけない場合にもコツがあります。
同じ位置関係の指を優先的に移行する練習をしてみましょう。

例1)
コードDm→Am
人差し指と中指を1つ上に同時に移動して薬指を押さえたら2ステップでコードチェンジ完了!

例2)
コードAm→Em
中指と薬指を同時に一つ上に移動して人差し指を離すだけ。ほぼ1ステップでコードチェンジ完了!

例3)
コードG→C
中指と薬指を同時に一つ下に移動しながら小指を離し、人差し指を押さえる。2ステップでコードチェンジ完了!

このように無駄な動きを無くすだけでコードチェンジのストレスがめちゃくちゃ減ります!

理想のコードチェンジを習得!指にコードの形を覚え込ませる方法

ここまでコードチェンジのコツを段階的にご紹介してきましたが、やはり理想はすべての弦を一斉に押さえてコードチェンジできるところまで上達したいですよね。
たくさん曲を弾いたり、ギターの練習をしたりするのも良いのですが一番効率の良い練習があります。

一斉にコードチェンジするためにはそのコードの指の位置やフォームを覚える必要がありますよね。
そのために一番良い方法は「コードを押さえて弾く、そして指を離す」を何度も繰り返すことです。

例えばCを押さえて弾いてみて音が鳴るのを一度確認します。
ちゃんと押さえられて音も鳴るのを確認できたら今度は押さえていた指を離します。
この時、完全に離すのではなく、少し弦から指を浮かす程度にします。
そしたらまた一斉にCを押さえて音が鳴るのを確認します。
これを繰り返すだけで短期間でそのコードの指の位置を記憶できます。

日頃ギターを弾いていて比較的上手にチェンジできるコードもあれば、苦手なコードもあると思います。
ぜひ苦手なコードでこの練習を試してみてください。
数日練習してみるだけでも苦手だったコードが瞬時に押さえられるようになってきますよ。

コードチェンジのコツは「無駄な動き」を無くすこと!

ギターを始めてコードチェンジで挫折した時、できる兆しが見えず、気が遠くなる思いになりますよね。
でも大丈夫です!
コードチェンジを上手にできるようになるために今日の記事を参考に「指の無駄な動きをなくす」意識で練習してみてください!

Fをはじめとしたセーハ(バレーコード)の押さえ方については以下の記事で解説しています。
【ギターを挫折する前に読んで!】Fコードはこの手順で確実に押さえられる!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事