ボイトレtips

女性の音域はどれくらい?〜音域別・オススメのアーティスト紹介〜

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです

今日は『女性の音域』についての解説です。
一般的に男性よりも女性の方が喉声になりやすく、喉を痛めやすいと言われています。

  • 喉を痛めず、楽しく歌うために。
  • 自分に合ったキーを知るために。

女性の音域の目安を知ることでボイトレをさらに楽しむためのヒントになればと思います!

男性の音域についてはこちらの記事をご覧ください!
ボイトレの参考に!男性の音域目安〜オススメのアーティスト紹介〜

女性の音域はどのくらいまで出るもの?〜ロック・ポップスの場合〜

女性の音域ってどのくらいが目安になると思いますか?
今日は女性の音域の目安をロックやポップスを例に考えてみました。

女性の平均的な地声の音域

ここでいう地声とは「話し声のようにはっきりした声」のことを指します。

ボイトレ時を例に女性の音域についてお話しましょう。
女性の地声の音域目安は、「mid1G〜hiC」ほどで考えておくと良いでしょう。
ただ、実際に歌う時の音域としてはそれよりも狭くなることが考えられます。

それを基準に地声が低い人はもう少し下げる、
地声が高い人はもう少し上げるといった具合に調整して自分に合った音域を探っていきましょう。

平均的な音域の音源を載せておきます。
音域というのは個人差もあり、声が低い人にとっては歌えない高さも含まれていると思いますのであくまでもご参考までに。

最初に鳴る音がmid1Gで、最後の音程がhiCです。

女性の平均的な裏声(ファルセット)の音域

それでは次に女性の裏声の音域について。
ここでいう裏声とは「息抜けの多い声」を指します。

一般的に裏声(ファルセット)は地声よりも高い音域になります。
実際に歌う時もそうですね。

歌のトレーニングで発声する女性の裏声の音域の目安は、「mid2F〜hiF」ほどです。
こちらも実際に歌う時の音域としてはそれよりも狭くなると考えておきましょう。

平均的な裏声の音域も音源にしてみました。
最初に鳴る音がmid1Fで、最後の音程がhiFになります!

女性のボイトレ!!音域別・オススメアーティスト紹介

音域別にボイトレにオススメのアーティストさんをいくつか挙げてみましょう。

私は声が低いという女性にもオススメ!〜キーが低めの女性アーティスト〜

ここでは一番高い音程でもhiA(ラ)までのアーティストさんをご紹介します。
最高音がhiA(ラ)というと地声が低い女性でも、とても歌いやすい音域だと思います。

松任谷由実(曲:卒業写真、Hello, my friend、etc)

誰もが知る名曲をたくさん生み出していた松任谷由実さん。
音程をとるのが難しい曲もたくさんありますが、キー自体は低めで歌いやすい曲が多いです。
歌いやすい音域でついつい口ずさんでしまうというのも親しまれている理由かもしれませんね!

PUFFY(曲:MOTHER、これが私の生きる道、etc)

私の生徒さんもPUFFYが好きでよく歌われていました。
初期の曲は特に音程も取りやすいのでボイトレを始めたばかりの方にはオススメです!

頑張れば歌えるかも?〜ポップスの平均的な音域で歌っているアーティスト〜

女性のボイトレでまず目安にするのがhiC(ド)という高さなんです。
生徒さんに人気のポップスもだいたいこの高さくらいで作られている曲が多いという印象です!

いきものがかり(曲:ありがとう、さくら、帰りたくなったよ、etc)

カラオケでも常に人気の「いきものがかり」は音域が広い曲が多く、少し難しく感じる方もいるかもしれませんね。
ただ、メロディはすごくわかりやすくて比較的に歌いやすく、女性の練習曲にピッタリなアーティストさんだと思います。

Every Little Thing(曲:fragile、UNSPEAKABLE、jump、etc)

ELTも時期によって曲の音域が違うものの比較的歌いやすい楽曲が多いです。
ただ、デビュー初期の頃の曲は少しキーが高めで大変そうな曲もチラホラ。笑
まずは上記に挙げたような曲で練習してみてください!

aiko(曲:カブトムシ、蝶々結び、etc)

幅広い年代に人気のaikoさんの曲は素敵な曲がたくさんあるのに関わらず、実際に歌おうと思うと上手に歌うのが難しい曲が多いですね。
音の高低差が絶妙に取りづらいんです!
ただ、音域に限っていえば女性が選ぶ曲としては平均的なラインなのでお好きな方はぜひトライしてみましょう!

これが歌えたら一流ボーカリスト!〜音域が広すぎる歌姫たち〜

ここからは一般的に女性にとっても高いと言われているアーティストさんのご紹介です!自信がある方だけチャレンジしてみてください!

DREAMS COME TRUE (曲名:やさしいキスをして、決戦は金曜日、何度でも、etc)

ドリカムの吉田さんに憧れているボーカルの方はとても多いですね。
私も今、「未来予想図II」のレッスン真っ只中。

ボーカルの吉田美和さんは音程が高いというだけでなくて、どの音域でも声色や響きがほとんど変わらない安定感はさすがです。
とても勉強になる歌い手さんだと思います!

広瀬香美(曲名:ロマンスの神様、ゲレンデがとけるほど恋したい、etc)

声が高い=広瀬香美さんみたいなところあるじゃないですか。
そして、いまだに冬になると広瀬香美さんの曲のレッスン頻度が上がるという。笑
最近はYouTubeも人気ですね。私もよく観させてもらっています。
ヘッドボイスを身につけるのに一番勉強になるアーティストさんだと思います!

MISIA(曲名:Everything、つつみ込むように…、etc)

MISIAさんの曲も今ちょうどボーカルレッスンやってるところです!
この方の曲を上手に歌いこなせるようになるのは大変です!
普通、サビで最高音ってそう何度も出てこないんですがMISIAさんの人気曲はめちゃくちゃ高い音程が連発…

発声はもちろんですがここまでくるとフィジカル!スポーツ!
体も鍛えつつ、焦らずじっくりと曲を歌いこんでいきましょう!笑

ボイトレで音域は拡がる(特に高音域)

自分の現在の音域と照らし合わせてしっかりキー設定をしてみましょう!
それだけでずいぶん楽しく歌えるようになります!

それと平行してしっかり歌のトレーニングを積むことで音域は確実に拡がります!
その反面、音域を拡げるためにはそれなりの時間がかかるのも事実です。
日頃のボイトレの積み重ねが大切なんです!
まずは今日の内容を参考にして、今の自分に合った選曲でボイトレを楽しんでみてください。

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事