ボイトレtips

自分の歌声に合う曲が分からない!?失敗しない選曲のコツ!

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

歌いたい曲、普段聴いている曲をカラオケで歌ってみるもしっくりこない。
自分の声に合う曲がなかなか見つからない!
そんな方、多いのではないでしょうか?

自分の声って客観的に聴くことがとても難しく、自分に合った選曲ができる人も非常に少ないように感じます。

今回は自分の歌声に合った選曲のコツをご紹介します。

自分の声を客観的に聴く難しさ

自分の声って録音で聴くと違った感じで聴こえますよね?
あれ?自分ってこんな声だったんだ!と思い、違和感や恥ずかしい気持ちを抱いた人もいるはずです。

この差が生まれるのはなぜでしょうか?

実はあなたが普段自分で聴こえている声は骨伝導を通じて体の内部から聴こえている声なのです。
そのため、認識している自分の声と外側で聴いている声は違う声のように感じるのです。
この声の印象の違いが、自分に合う声や歌い方が分からなくなる大きな要因となっています。

今回は自分の声をより「客観的」に聴いて、自分に合った選曲ができるようになる方法をご紹介します。

歌いやすい音域の曲を見つける

まず自分の音域を知ることはとても大切です。
自分の適正な音域が理解できていないために選曲ミスを起こしていることが多々あります。
音程を歌っていき、低音から高音にかけて自分の歌いやすい音域を測ってみましょう。
楽器を持っていないという人もスマホの鍵盤アプリなどを活用して簡単に歌の音域を測ることができます!

体感的に歌いやすい曲は合っている可能性大!

歌ってみて歌いやすい曲、歌いにくい曲がありませんか?
時には自身の直感に従うことも大切です。
体感的に歌いやすいと感じている曲は難易度や音域、曲調など自分にとって合っている選曲だという可能性が非常に高いです。
どうしても自信が持てないのであれば録音して聴いてみるとより自分に合った選曲が探すのもオススメです!

テンポも大事!好んで聴いている曲調は歌いやすい!

普段あなたはどんな曲調の曲を好んで聴いていますか?
バラードをよく聴く人、アップテンポな曲が好きな人、ロックが好きな人など一人ひとり好みの音楽があるはずです。
いつも聴いている曲調やテンポの歌を歌えば選曲ミスにならない確率が高いです。

好んで聴いている曲は自分に合った曲であり、慣れている音楽でもあるといえます。
そういった曲を選ぶと歌いやすかったり、リズムが取りやすいと感じることが多いです。

周りの評価は素直に聞こう!

身近な人との会話は貴重な意見となり、参考になります!
知人や友人とのカラオケで歌った後、その曲についての会話になることってありますよね。
その際に「この曲良いね!」とか「上手だね!」といった言われたら、それは同時にその選曲が自分に合っているともいえます。
良いリアクションをもらえるということは上手に歌えている、自分の歌声に合っているわけですから。

自分の声に似ているアーティストの曲を歌う

自分に合った歌を選曲する上で大事なのが「声質」ですよね!
選曲する際に自分の声と似ているアーティストの曲を選曲するだけで自分の声にマッチする確率がかなり上がります。
もちろん冒頭でお伝えしたように自分の声がどんな声なのか判断が難しい場合もありますよね。
そんな時は録音して外から聴こえている自分の声に慣れ、理解することから始めて似ているアーティストを探してみるのも有りです!

自分に合った選曲ができるとカラオケも楽しくなる!

何となく違うな〜と思いながら歌うとやはり好きな曲も楽しく歌えないものです。
自信を持って自分の声に合う選曲ができるようになるだけでカラオケもとても楽しいものになります!
ぜひ自分に合った選曲のコツを見つけましょう!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事