ボイトレtips

ボイトレや歌が「つまらない」「飽きた」と感じた時に試したい5つのこと

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

「歌の練習がつまらなく感じるようになってきた」

ボイトレを始めた人が大なり小なり、必ずモチベーションが下がってしまう時期を迎えるものです。
そして、その状態でボイトレを続けてもなかなか上達を感じられないので余計に面白くなく感じますよね。

ボイトレ停滞期に陥ってしまう原因はいくつか考えられます。
今回は、ボイトレがつまらなく感じてしまう原因と、また心から歌が楽しめるようになるために試したい事についてご紹介します。

楽しかったボイトレや歌がつまらなく感じるのはどんな時だろう?

最初は楽しくできていたボイトレが次第にマンネリを感じ、歌うことが面白くないと感じるようになる時は一体どんな時なのでしょうか?

具体的にこれから紹介するような時期にはボイトレや歌うことが「つまらない」と感じてしまいやすくなることが多いと思います。

上達を実感できなくなった時

ボイトレは始めると比較的早くに上達を感じられることが多いです。

しかし、少し練習を進めていくといまいち上達を感じられなくなる時期が訪れます。

いわゆる停滞期に入った時に今までのような成長を実感できず、モチベーションを保てなくなるんだと思います。

上手な人の歌を聴いて自信を無くした時

どうしても人と自分の歌を比べてしまう瞬間ってありますよね。
周りの知人や友人など、歌が上手い人たちを目の当たりにした時、突然「自分の歌には自信が持てない…」という心情に陥り、モチベーションが下がってしまうことがあります。

しかし、これは私のように歌を仕事にしている人でも必ずそんな時期がくる「ボーカルあるある」なんです。
どうしてもボイトレを通じて「あんな歌声に生まれたかった」なんて無い物ねだりが生じてしまうものでごくごく自然なことです。

自分に合う音楽、好みが分からなくなった時

これはストイックに練習してきた人、短期間でたくさん追い込んで練習してしまった人によく起こるケースだと思います。

たくさん練習しすぎて視野が狭くなったりしていませんか?
疲れているのに無理してボイトレしていませんか?

あまりに練習に没頭しすぎると冷静さを欠いて、自分の好きな音楽を見失いかねません。
楽しく練習できる範囲でボイトレしましょう。

ボイトレの「つまらない」「飽きた」を脱却するコツ!

人によっていろいろ原因はありますがボイトレが「つまらないなー」と感じるようになった時はどうすれば良いのでしょうか?

私なりにマンネリ脱却するのに効果的だった一例を挙げてみましょう。

自分の音楽ルーツを振り返る

物心ついた頃に自然と聴いていた音楽はありませんでしたか?
当時人気だった曲や、当時好きだったアニメの主題歌など。
一人ひとり思い出の曲があるはずです。
また、ドハマリしたアーティストはいませんでしたか?

ボイトレにマンネリを感じたら一度、自分の練習から離れて、「好きなように音楽を聴く」と良いと思います。
自分が音楽を好きになったきっかけに触れることで初心に戻れ、また新たな気持ちで歌に向き合えます。

楽器を練習してみる

ボイトレにマンネリを感じたら、ギターやピアノ、ドラムなど楽器を練習してみるのもオススメです。
今ならDTMという手もありますね。
音楽は歌だけではありません。

歌から離れて「楽器を練習する」ことでまた新たな視点から音楽の楽しみ方を知るキッカケになります。

完璧主義をやめる

突然の自己啓発スタイルの提案です!笑
しかし、冗談抜きに歌が上達するために「多少の不真面目さ」は必要不可欠なんです。

もともと歌声は非常に不完全な楽器です。
電子ピアノのように押せば確実に正しい音が出るような楽器でもありません。
それでもボイトレを始めると「少し音程が外れた」とか「ちょっとリズムが合わなかった」とテクニックの面で神経質になってしまう時期があります。

真面目に一つ一つ集中しすぎると、どうしても細かい所が気になって楽しく歌うことができなくなりますし、そんな時に歌っても単調でつまらないものになります。

実際に曲を歌う時にはあまり難しく考えすぎず、楽しく歌うことも必要です!

新しい音楽に触れる(インプットの時間にする)

ボイトレで上達を感じにくくなった、あるいは歌うのが楽しいと感じにくくなった人は無理に練習することをやめて、インプットの時間を増やすことをオススメします。

壁にぶつかった時こそ視野が狭くなり、どんな音楽を聴いてどんな歌を練習すれば良いのか分からなくなり、聴く音楽の幅も自然と狭くなります。

そんな時は普段自分のあまり聴いてこなかった音楽を聴いてみたり、アーティストの新曲を聴いたりしてみると良い気分転換になります。

知人から勧められた音楽でも良いですし、ボイトレやボーカルレッスンに通っている人であれば担当の先生に聞いてみるのも良いでしょう。

サブスクリプションやYouTubeで見つけた音楽を聴き漁るのもオススメです!

楽しく歌えないなら一度離れてみる

何をやっても楽しく歌えないという時は無理に練習せず、音楽から離れてみるのも手ですね。

同じ料理ばかり食べているとその料理を受け付けなくなるという時がありますよね?
それと同じで一生懸命ボイトレをする人がこういったマンネリ期に陥ることがあります。
音楽は本来、頑張るものではありません。
楽しいから歌いたい!聴きたい!演奏したい!となるのが音楽です。

一旦離れて、歌いたいと思った時にもう一度歌えば良いんです!

楽しく歌えるから「上達」もできる!

歌に限らず、音楽を楽しめているからその先に上達もあるものです。
ひとたびボイトレを始めると死ぬ気で頑張る人もいますがオススメしません。笑
楽しんで練習を継続できることに意味があります。
継続こそ力!
無理せず楽しくボイトレしてみてください!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事