ボイトレtips

ギター弾き語りはマイクセッティングで決まる!歌いやすくなるセッティングのコツ

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

ギター弾き語りをする際、マイクがあると弾き語りしにくいと感じることはありませんか?
譜面が見づらかったり、ギターを弾く手元が見づらかったり、マイクに圧迫感を感じる人もいるでしょう。
これらの悩みはマイクのセッティングを工夫するだけで解決するかもしれません!

今回はギター弾き語りをする人向けにマイクセッティングのコツをご紹介します!

弾き語りあるある!マイクがあると歌いにくいのはなぜ?

弾き語りスタイルでライブやスタジオで演奏する機会もあると思います。
そんな時、マイクが邪魔で歌いづらい!そう思ったことありませんか?
多くの人が弾き語りに慣れるまで次のような気持ちを抱くようです。

手元が見づらくなって弾き語りしにくい

マイクをセッティングして弾き語りをするといつもより手元が見づらくなり、演奏しづらいと感じる人が多いようです。
ギターの手元を全く見ないで演奏するのは非常に難しいため、マイクをセッティングした時に窮屈に感じるのでしょう。

口がマイクに当たりそうで落ち着かない

私は何度もライブでマイクに口元をぶつけたことがあります。笑
痛いし、「コン!」って音が入ってダサいです。笑
実際にみんながぶつけるわけではないと思いますが多くの人がマイクとの距離感に難しさを感じて落ち着かないようです。
これも慣れが必要ですがセッティングで解決することができます!

マイクとの距離を気にして歌いづらい

上記と重複しますが、マイクは離れたり近づいたりして少し距離が変わるだけで声の入り方が変わります。
マイクとの距離感を気にしながらギターを演奏することに難しさを感じることもあるでしょう。
これもマイクに慣れたり、自分に合うセッティングを見つけることで苦手意識も無くなり、弾き語りがしやすくなります。

格段に弾き語りしやすくなる!マイクセッティングのコツ!

ここからはマイクのセッティング方法についてご紹介します。
演奏スタイルや好みによっても合う、合わないがあるので自分に合ったセッティングを見つけてください!

マイクを口元に向かって正面から当てる

最も代表的なセッティングです。
マイクを口元に向かって正面からセッティングする方法です。

正面からのマイクセッティングが向いている人

マイクを口元の正面からセッティングする方法が合う人は、手元を最小限に見ないでも弾ける人です。
正面からマイクを口に当てることでお客さんの方を向いて演奏できるので見栄えとしてはとても良いです。
マイクに声も入りやすいので弾き語りスタイルではオススメのセッティングです。

メリット

  • お客さんの方を向いて歌える
  • スタンディングでも座りでも合う
  • マイクに声も入りやすい

デメリット

  • 手元を意識しすぎるとマイクから離れて声が聴こえなくなる
  • そもそも手元が見づらい

マイクを横から当てる

マイクスタンドを体の横から持ってきてマイクをセッティングする方法です。
手元を見ながら歌う前提の人はこのセッティングがオススメです。
ギターの手元を見ながら弾き語りをしても口元からマイクが離れないので演奏にも歌にも集中しやすいセッティングです。

横からのマイクセッティングが向いている人

手元を見ながら弾くことが多い人は間違いなくこのセッティングがオススメです。
ギター初心者の人だけでなく、ギターは弾き慣れているけど弾き語りの経験が少ない人、それから手元が結構動くテクニカルな演奏の人にもオススメです。

メリット

  • 手元を見ながら演奏できる
  • 横からマイクスタンドを当てるので手元も見やすい

デメリット

  • うつ向くような姿勢になるので声量が落ちたり、高音が歌いづらく感じることがある
  • 座りで演奏する前提になる

【番外編】譜面を見ない!丸暗記もオススメ!

番外編として弾き語りをする人にオススメしたいのが「暗譜」です。
つまり楽譜を見ずに演奏するということです。
ギターのみの演奏であれば楽譜を見ながらでも構いませんが、弾き語りに関しては暗譜を推奨しています。

もともと弾き語りの時点で右手、左手、そして歌という3つの動作を同時に行なっていることに加え、楽譜を見るということはさらにもう一つ動作が増えるため、集中できません。

練習段階ではもちろん楽譜やコードを見ますが、ある程度、弾き語りできるようになったら何も見ないで演奏できるように練習することをオススメします!

自分に合ったセッティングを見つけてのびのびと弾き語ろう!

今日はいくつかギター弾き語り人向けのマイクセッティングについてご紹介しましたが、マイクの正しいセッティングというのは存在しないため、ご自分が演奏しやすく、歌いやすいセッティングを見つけることが大事です。

今回ご紹介したマイクセッティングを参考にご自分に合うセッティングを見つけてみてください!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事