ボイトレtips

歌うと力む?リラックスして楽に歌えるようになる脱力発声法

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

歌の基本は脱力です!
力むと思ったような声も出せなくなり、満足に歌うこともできなくなります。
とはいえ、歌っている時の力みってなかなか自分で改善するのも難しいんですよね。

今日は、歌うとどうしても力んでしまうとお悩みの人向けにリラックスして楽に歌えるようになるボイトレ方法をご紹介したいと思います!

歌う時、力んでいる自覚はありますか?

歌う時、「力入ってるな〜」なんて自覚はあるでしょうか?
力みのとれた楽な発声を身に付けるためには、力んでしまった瞬間、自分で気付けることが大切です。

声を出せば、どんな声でも力が入るという人は少ないです。
低い音程ではリラックスして歌えているのに、音程が高くなるにつれてだんだんと力んでしまうという方が大半なのではないでしょうか?

リラックスした発声を身に付けるために、まずはご自身がどのくらいの音程から力んでいくのかを確認するところから始めてみましょう。
低い音程から単音で歌っていき、少しずつ音程も高くしていきます。
このチェックをさまざまな発音でやってみましょう。
どんな発音で力んでしまうのかを踏まえて確認してみると自分の癖や、力んでしまうポイントが理解できるはずです。

【見た目で分かる】歌った時に力の入った状態

発声時に力んだ場合、見た目からも声の力みを確認することができます。
歌っている自身の姿を見た時に以下のような状態になっていたら力んでいる状態だといえます。

  • 肩が上がる
  • 顎や首が前に出る
  • 肩が内側に入っている
  • 思ったより口が開いていない

力んだまま歌うと現れる症状

力んだまま発声していると以下のような症状が現れます。
以下のような症状に悩んでいる方は喉声や力みが原因だと考えられるでしょう。

  • 歌う度に喉が疲れる
  • 喉が乾く
  • 痰がからむ
  • 首が疲れる
  • 肩が凝る

自分が力んでしまうポイントはどういう時なのか、十分に理解してボイトレに取り組んでいきましょう。

リラックスした楽な発声を手に入れる練習方法

それでは、具体的に力みのとれた発声を手に入れるためのボイトレ方法をご紹介しましょう。
歌う時の力みを取ると言っても単に脱力しただけでは正しい発声とはいえません。
大事なのは無駄な力を抜き、必要な力を入れることだからです。
バランスが大切!

主に首、喉、肩、顎、舌、胸など、喉声を生んでしまう上半身に力が入った状態が力みを生んでしまいますのでリラックスした状態を心がけましょう。
逆に歌うために多少、力を入れる必要がある箇所は、丹田を含めた腹筋周りが中心になります。

腹式呼吸をマスターすれば力みも改善する

完全にマスターするまでにはある程度の期間とトレーニングが必要になる腹式呼吸。
腹式呼吸〜発声までの一連の流れが習得できていないと力んでしまう可能性が高いのです。

効果的な練習としてはスタッカートでの練習するのが最も効果的だと考えています。

スタッカートで「スッスッスッスッスッ」と音を立てて息を吐いてみてください。
この際、お腹側ではなく背中側にもハリがあることを確認してください。
息を吐いた瞬間に背中にもしっかりハリを感じることができれば正解です!

次は実際に声を出してみましょう。
「ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!」とスタッカートで発声します。
これも同じく背中側にもハリがあることを確認してください。
この時に発声する音程は適当で構いません。
自分が出しやすい高さで良いので大きな声を出せる高さでやってみましょう。

背中のハリを感じられていれば腹式呼吸ができている状態といえます。

腹式呼吸や基礎の発声に関しては以下の記事を参考にやってみてください!
【ボイトレ】腹式呼吸は歌の上達に必要?確実にコツを掴める練習方法。

身体の柔軟性を高めると力みの改善にも効果的!

緊張による発声のブレを防ぐために身体の柔軟性を高めることは非常に重要です。
すぐに力んでしまうという人はだいたい身体も硬いです。笑

日頃からストレッチをしたり、お風呂に浸かったり、しっかりと体を温めて、全身をほぐしておくようにしましょう。

以下の記事でもストレッチに関して取り上げています。参考にご覧ください。
毎日やりたい!レッスンに取り入れているボイトレウォーミングアップ集

緊張も力みの原因!緊張を取り除くイメトレ習慣!

人前で緊張しやすい人は歌う時も力みやすいです。
歌う時って日常会話以上に緊張が声に現れるものですからね。

人前で緊張してしまうという人は日頃からイメージトレーニングしましょう!
緊張すると、表情はこわばり、上半身に力が入り、声も不安定になります。
せっかく普段なら発声も安定していて上手に歌えていたのに人前では緊張して台無しに、なんてこともあります。

緊張しやすい人、本番に弱い人は練習の時から本番や人前をイメージできていない人が多いように感じます。
練習は練習、本番は本番という考えなんですよね。

それなら練習の時から本番の会場や聴いている人の顔を思い浮かべながら練習するようにすれば良いのです!
緊張しないために日頃から本番や、カラオケに行く時のことなど、「人前で歌う」ことを意識しておくと緊張しにくくなります!

結局、緊張に対しては場慣れが一番手っ取り早い解決方法だと思いますが、なかなかそんな機会もたくさんあるわけではないでしょう。

日頃から人前で歌うシーンを頭に思い描きながらボイトレに取り組んでみましょうというお話でした。
本番や人前で緊張してしまうという人はイメトレ不足を解消することが一番の解決法かもしれませんよ。

発声時の力みがとれると歌うのがもっと楽しくなる♪

この他にもたくさん力み解消のボイトレ方法はありますが、今日はひとまず一部の効果的なボイトレ方法のご紹介でした。
力みの原因を知ってリラックスした楽な発声ができるようになってくれば、人前でも一人で歌う時でもとことん歌うのが楽しくなりますよ♪

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事