ボイトレtips

ボイトレ完全攻略!ミックスボイス習得までの道のり〜レッスン内容大公開〜

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

ミックスボイスは地声と裏声の境目をなくして滑らかに歌えるようになる発声法ですが、初心者のうちから習得するのは難しく、ボイトレをしている人にとっては「一人前の証」ともいえるほど難易度の高い歌唱方法です。

ある程度の期間、ボイトレする必要がありますがミックスボイスで歌えるようになると歌える曲やジャンルの幅も広がり、本当に歌うのが楽しくなります!

今回は、実際にボーカルレッスンで取り入れているミックスボイス習得までのボイトレ手順をご紹介したいと思います。

ミックスボイスはなぜ難しい?

地声と裏声の中間がスムーズに歌えるようになる「ミックスボイス」はボイトレをしている多くの人の憧れの発声方法です。
なかなか最初から簡単に習得できる歌唱方法でもありません。

では、ミックスボイスはなぜ難しいのか?
それはミックスボイスが地声と裏声の中間と呼ばれるだけあって、地声も裏声も思った通りに広い音域で歌いこなせるほどの声帯を養ってからでないと習得できない歌唱法だからです。

ミックスボイスをマスターするために鍛えておきたい発声

ミックスボイスは地声と裏声を混ぜたような一番難しい発声です。
この歌唱法を身に付けるためには段階的に声帯を鍛える必要があります。

ミックスボイスまでの道のり①地声の強化

まず大前提なのが「地声の強化」です。
地声で歌う練習を重ねて、広い音域で芯のある地声で歌えるようにボイトレしていきましょう!

ミックスボイスまでの道のり②裏声の強化

次いで「裏声の強化」も大切です。
地声と裏声の中間にあたるミックスボイスを出すためにどちらの発声も疎かになってはいけません。
裏声の上達も必須になります。
普段のボイトレから裏声(ファルセット)もしっかり使うようにしましょう。

ミックスボイスまでの道のり③地声と裏声の併用で発声コントロールを磨く

地声、裏声を単体で上手に歌えるようになってきたら徐々に地声と裏声を交互に歌ったり、併用する曲を練習したりして、上手に地声・裏声を切り替えられるようにする練習を取り入れていきましょう!
徐々に声が切り替わる部分(喚声点)が無くなってきてミックスボイスをマスターすることができるでしょう。

ボーカルレッスン内容を大公開!確実にミックスボイス習得できるボイトレ方法!

ここからは実際にボーカルレッスンで取り入れているミックスボイスの練習方法をご紹介します。

同じ音程の1オクターブ違いを地声・裏声で歌う(レガート)

まず最初にトライしたいのが1オクターブ違いの音程を繋げて歌う練習方法です。
最もスタンダードで入門的な練習です。
最初はこの練習から始めてみてください!

レガートによるミックスボイス練習方法

  1. 鍵盤やアプリなど音程を鳴らせるものを用意します。
  2. 男性はド、女性はド、もしくはレの音程で1オクターブ下と1オクターブ上を歌います。
  3. 1オクターブ下を弾いて「あ」で地声を歌います。
  4. 1オクターブ上を弾いてその音を裏声で歌います。この際に声を切らずに1オクターブ下を歌っている地声から引っ張り上げるように繋げることを意識して練習しましょう。
  5. 慣れてきたら1オクターブ上と下を行ったり来たりして声帯んも柔軟性を養います。

同じ音程の1オクターブ違いを地声・裏声で歌う(スタッカート)

続いてボイトレに取り入れたいのが1オクターブ違いの音程をスタッカートで素早く歌う練習方法です。
地声と裏声を素早く入れ替えるのはゆっくり歌うのとまた違った難しさがあります。
この練習により、声帯の瞬発力を養うことができるのでミックスボイス習得にも近づきます。

スタッカートによるミックスボイス練習方法

  1. 同じく男性はド、女性はド、もしくはレの音程で1オクターブ下と1オクターブ上を歌います。
  2. 1オクターブ下を弾いて「ハッ」と短く切るように地声を歌います。
  3. 続いて1オクターブ上を弾いて同じく「ハッ」と短く切るように裏声で歌います。短く切るように歌うのは音程も取りづらく、地声も裏声も最初のうちは難しく感じますができる範囲のテンポでやっていきましょう。
  4. 慣れてきたら徐々にテンポを上げて地声・裏声の瞬発力向上を目指します。

同じ音程の1オクターブ違いを地声・裏声で歌う(ポルタメント)

ポルタメントとは音を滑らかに繋ぐテクニックです。
音に動きを与える発声です。
ゆっくり音を繋ぐように音程を動かすのでレガートともスタッカートとも違う難しさがあります。
レガート・スタッカートでの発声が上達してから行うようにしましょう。

ポルタメントによるミックスボイス練習方法

  1. 同じく男性はド、女性はド、もしくはレの音程で1オクターブ下と1オクターブ上を歌います。
  2. 1オクターブ下を弾いて「あ」で地声を歌います。
  3. 続いて1オクターブ上を弾いてゆっくりとその音に向かって歌っていきます。最終的には裏声に切り替えてOKです。
    1オクターブ下からなるべくゆっくりと音程を引っ張り上げるように歌う意識を持ちましょう。
  4. 最初のうちは地声と裏声の切り替わり部分がスムーズにいかないと思いますが気にせずじっくりと繰り返し練習してみてください。

全く同じ音程で地声・裏声を切り替える(難易度高い)

最もミックスボイス習得に近づく練習方法です。
その分、やはりかなり難しく感じる人が多い練習です。
ここまで紹介した1オクターブ違いの地声・裏声練習ではなく、全く同じ音程で地声と裏声を滑らかに切り替える練習です。
とても難しいのでチャレンジする人は覚悟してください!笑

最も本格的なミックスボイス練習方法

  1. 男性はソ〜ラ、女性はシ〜ドの音程で練習するとやりやすいです。
  2. 音程を弾いて「あ」で地声を歌います。
  3. そのまま音程は変えずに徐々に裏声に切り替えていきます。なるべくゆっくり地声と裏声を入れ替える意識で歌いましょう。
  4. 最初のうちは地声と裏声の切り替わり部分がスムーズにいかないと思いますが気にせず繰り返し練習してみてください。徐々に声帯が発達してきて上手にできるようになります。

ミックスボイスをマスターすれば歌える曲が増える!

ミックスボイスを短期間で歌えるものではなく、時間がかかるものです。
しかし、ミックスボイスをマスターした暁には、これまで難しいと諦めていたあらゆる曲が上手に歌えるようになります。

歌える曲もジャンルも圧倒的に増えるので歌うのが楽しくて仕方なくなるでしょう!
焦らずミックスボイスの練習をしてみてください!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事