ボイトレtips

【ボイトレ講座】ミックスボイスができない主な原因と対策〜5つ〜

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

地声と裏声が滑らかに繋げて歌うことができずモヤモヤすることってありませんか?
音程が取りづらくなったり、ひっくり返ったような声になってしまい、何だか聴き苦しくて気持ち良くないですよね。

そんな時にミックスボイスで歌うとスムーズに歌いこなせるので今まで以上に歌うのが楽しくなるんです!
しかし、ミックスボイスが歌えないと悩んでいる人が多いの事実。

今回は、現代の歌では必須といっていいボーカルテクニック「ミックスボイス」で歌えない原因について解説します。

地声と裏声がスムーズに繋がる憧れの発声!ミックスボイスとは?

ミックスボイスとは、地声と裏声がスムーズに繋がる魔法のような発声のことです。
巷では地声と裏声を混ぜたような中間の声だともいわれています。
このミックスボイスを習得することで声の切り替わる感覚(喚声点)が無くなるので音程間をスムーズに上手に歌えるようになります。

ミックスボイスの参考になるアーティスト(歌い手)

ミックスボイスは近年では多くのアーティストさんがデフォルトで多用している技術で特別な発声ではないです。
近年の曲は音程差も激しく、難易度が高い曲が多いのでミックスボイスを習得しないと上手に歌いこなせない楽曲が多いのも起因していると思います。

まずは練習に入る前にミックスボイスがどんな声なのかイメージすることも大切です。
有名な方でイメージしやすいのは、

  • 平井堅
  • 宇多田ヒカル
  • 吉田美和(DREAMS COME TRUE)
  • Aimer

この辺りが分かりやすいのではないでしょうか?
挙げたアーティストさんは本当にごく一部ですが分かりやすい方を挙げてみました。

ミックスボイスできてる?自分で判断するセルフチェック方法

ミックスボイスができているのか自分でいまいち分からないという話をよく聞きます。
ここでは自分でチェックできる方法を解説します。

ミックスボイスのセルフチェック手順

  1. 地声で歌い始めて、徐々に裏声に切り替えていく。
  2. 逆パターンもやってみる。裏声で歌い始めて徐々に地声に変換。

途中で声がひっくり返ったりする場合はまだ未習得と考えて良いでしょう。
上手にできている人は途中で引っかかったり、ひっくり返ったりということもなく、スムーズに歌うことができます。
これが「喚声点がない状態=ミックスボイス」となるわけです。

男性はhiG〜Aあたり、女性ではhiB〜Cあたりの音程でやってみると良いでしょう。

ミックスボイスができない原因〜5つ〜

上手にミックスボイスで歌えない原因を知ることがミックスボイス習得に繋がります。
よくある原因を挙げてみましょう。

地声の筋力が弱い!?閉鎖筋の働きが弱い状態

地声の音域が狭い人はミックスボイスを練習する前にしっかりと芯のある地声で歌えるようにボイトレしていきましょう。

地声を司る「閉鎖筋」が未発達だとミックスボイスを出すことは難しいです。
発声の仕方の問題ではなく、地声の筋力不足のようなものと考えていただければ分かりやすいでしょう。

ある程度、高い音程まで地声で安定して歌えるようになってくるとミックスボイスが出しやすくなります。
地声のトレーニングを地道にやって再度チャレンジしてみましょう。

裏声が苦手な人は要注意!輪状甲状筋の働きが弱い状態

裏声が苦手という方は裏声を歌う時に使う「輪状甲状筋」が弱い可能性があります。
主に地声を出す働きを担う「閉鎖筋」裏声(ファルセット)を出す働きの「輪状甲状筋」によって歌声は生まれます。
どちらかの筋力が未発達でも上手にミックスボイスを発声することはできません。
ボイトレに裏声の練習を取り入れるとミックスボイスの習得に繋げることができるでしょう。

発声の基本が大事!腹式呼吸ができていない

そもそも発声の基本である腹式呼吸が上手くできていない可能性もあります。
喚声点のない滑らかな発声をするためには体の支え=腹式呼吸が必須です。
無意識のうちに体の使い方、バランスが崩れているかもしれません。
基礎の発声がきちんとできているか確認してみましょう。

歌声は見た目に現れる!姿勢が悪い

姿勢が悪い人は発声も不安定になります。
声が出てくる通り道(気道、声帯周り)が狭くなってしまうので当然です。
姿勢を正すだけでもミックスボイスの発声がしやすくなることは多々あります。
しかし、姿勢は日頃の習慣です。
なかなか正しい姿勢をキープするのも難しいので日頃からストレッチを取り入れたり、姿勢に気を付けて姿勢改善に努めましょう!

正しい発声が身に付いていない(喉声の人もできない)

腹式呼吸や姿勢はもちろんですが、口の開け方が甘かったり、表情が固いと思うように声がコントロールできないため、ミックスボイスのような繊細な発声が難しくなります。
正しい発声を心がけましょう。
喉声の人はそもそもミックスボイスで発声することはできません。

普段からの喉声で歌ってしまう人は発声の癖を直すところから始めて、発声が良くなってきてからミックスボイスにトライしてみてください。

ミックスボイス習得には時間がかかるもの。焦りは禁物!

ミックスボイスで歌えるようになるには、正しい発声の習得、それから地声と裏声の上達が目に見えるようになってきて、その先にようやく到達するレベルの難易度です。
時間が必要なスキルなので短期間で何とかしようとせず、焦らず一つ一つ自分の苦手な発声をクリアしながら習得を目指してください。

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事