ボイトレtips

高い声を出したい!ハイトーンボイスになるための正しいボイトレ方法!

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

ボーカルレッスンに通われる人の中には「高音を上手に出したい」という方も多くいらっしゃいます。
実際にボイトレをされている方、これから始めようという方も高音が出ないということで悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

世の中の曲を見渡してみても年々、音域は広く、キーも高くなっている傾向にあるため、「歌いたい曲が高くて歌えない」という声が挙がるのは必然かもしれませんね。

今日は、高音を発声するために大事な考え方や効果的な練習方法をご紹介します。

(ハイトーンボイスの秘訣)高い音程を歌っている時、声帯はどのようになっているのか?

私たちが歌っている時、声帯はどうなっているかご存じですか?
声帯が閉じて擦れ合うことで振動が起こり、声になっているんです。
そして、音程を決めるのはその時の「振動数」なんです。

たくさん振動すればするほど音程は高くなります。
音程が高ければ高いほどキツくなっていくように感じるのも当然ですよね。

高音を出せるようになるために必要なトレーニング方法

それでは本題です。
高音を出すためにどう鍛えると効率的に高音が出せるようになるでしょうか?

音域を拡げるためには低音~高音まで広い音域を使って歌うことが重要です。

低い声から高い声まで歌うことでしっかり声帯を使えます。
そうすることで声帯は鍛えられ、柔軟性を高めていけます。

明らかにひどい歌い方で喉を痛めてしまうような発声ではまずいですが、正しい発声を身に付けて歌うことで、声は鍛えられ、確実に音域が拡がります。

ハイトーンボイス習得の道①地声の安定感を高める

無理せずに楽に出せる地声の音域幅を広げるのも重要なことです。

腹式発声を身に付けた前提の話にはなりますが、現状で少し頑張れば出せるギリギリの高さの音を出せるように楽に歌えるようにボイトレに取り組んでください。

前記した通り、だんだん声帯は柔軟になっていき、キツかった音程の発声もいずれ余裕で歌えるようになってきます。
そして、地声での発声練習がハイトーンに効果的なのは高い音程に限った話ではないです。

実は低い音程のトレーニングも効果的なんです。
結局、高音を出す際には地声を出す声帯と裏声を出す声帯の両方が発達している必要があります。
地声で低音から高音までバランスよく練習するようにしましょう。

ハイトーンボイス習得の道②裏声の練習で地声の音域も拡がる!?

結論から言うと、裏声の音域が拡がれば、併せて地声の音域も拡がります。
これは高音域を歌う時には、裏声を出すために使われる輪状甲状筋も作用しているためです。

「裏声が出せません、どうやって出すのですか?」と質問をいただくこともありますが発声方法の問題ではなく、今まで裏声を出してこなかったために輪状甲状筋が未発達な場合も考えられます。
そういう場合には裏声がきれいに出せるようになるまで裏声のトレーニングを積む必要もあるんです。

裏声が出せない人=地声が低いと悩んでいる人だと思っています。
裏声をあまり出してこなかったなどの理由で裏声を出すための輪状甲状筋が弱いため、裏声が出なかったり、高い声が出なかったりするんです。

裏声が出せない方

息しか出ない、裏声にもならない、それでも結構です!
裏声を出そうとする習慣をまずは身に付けてください。
やり方が合っているか不安なようでしたらボーカルレッスンでもご相談承ります!

裏声が出せる方

裏声で出せるギリギリの高さまで音程を上げてトレーニングしてください。
限界の高音域を正しい発声で歌うことで輪状甲状筋に負荷をかけて、鍛えることができます。
裏声の声量もアップしますし、地声の音域も確実に拡がっていきます。

エッジボイスでさらに高音域を拡げる!

エッジボイスという発声をご存知でしょうか?
寝起きなどに喉が乾燥していると出る「あ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”~」という引っかかったような声です。

このエッジボイスは、実際に歌の中でも多用されるボーカルテクニックで、よく使われるアーティストに平井堅さんや宇多田ヒカルさんなどがいらっしゃいます。
エッジボイスは過度に息を送り込みすぎたり、声帯を締め付けすぎたりすると喉を痛める発声になってしまうので必ず指導を受けるなり、喉に負担のかかっていない正しいエッジボイスを身に付けてから行なってください。

このエッジボイスは地声を出す際に使われている「閉鎖筋」を鍛えて柔軟性を高めてくれる効果があります。
エッジボイスにより、この閉鎖筋を鍛えることで地声のハイトーン強化だけでなく、地声・裏声を問わず声量がアップする効果もあります。

高い声は時間をかけて出せるようにする

最初にも話しましたが高い声が出したいというお悩み、たくさんいただきます。
歌はスポーツと同じく、正しい発声で鍛えていけば必ず高い声は出るものです。
焦らず頑張っていきましょう。

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事