ボイトレtips

高い声を出せるようになるボイトレ習慣!音域が飛躍的に拡がる練習方法!

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

「高い声を楽に歌える」
これはボイトレをする皆さんにとって憧れですよね。

音程が高くても楽に歌えるだけカッコいいですし、何より音域が広いとそれだけで歌える曲もジャンルも増えるわけです!
そんな歌声が手に入ったら毎日歌うのが楽しくて仕方ありませんよね!

さて、それでは今回はみんなの憧れ「ハイトーンボイス」で歌えるようになるボイトレ方法のご紹介です!

高い声が出したい人がボイトレに取り入れたい練習!

「高い音程」をラクラク歌えるようになりたくないですか?
今日は、高い声を楽に出せるようになるためのボイトレ方法をご紹介します。

高音域の拡張は時間がかかるものでもありますが、焦らずじっくりと練習していけば着実に高音が出せるようになります!

高音域が苦手な人の原因についても過去記事で紹介しています。
こちらも合わせてご覧ください。
高い声が出せない人の6つの特徴!原因とケース別の改善方法!

裏声をたくさん使う

高い声が出ない人は裏声をたくさん使うようにすると高音域の拡張に繋がります。

いやいや!裏返っちゃうから地声で高い音程を歌いたいんだよ!って思う人もいるでしょう。
でも、焦らず裏声のボイトレをしていくことをオススメします。

「裏声」は輪状甲状筋という筋肉を中心に使って出す発声方法なのですが、この筋肉が地声の高音を出す時にも作用しているのです。

裏声で高音域の練習をすることが地声の高音域も歌えるようになることに繋がります。

「裏声がキレイに出ない」「裏声が得意じゃない」という人は輪状甲状筋が弱くて高音が出せない可能性もあるのでこういった人には特にオススメの練習です!

輪状甲状筋についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。
裏声上達のカギ!輪状甲状筋の正しい鍛え方ガイド

高音トレーニングは地道に取り組む!

シンプルな考え方ですが、高音域の練習を諦めず継続することが何より大切です。
高い声で歌う練習を繰り返す中で声帯も発達し、以前は出なかったような高い音程も楽に歌えるようになっていきます。

しかし、ここで一つだけ注意点があります。
高音域の練習は「正しい発声ができている」ことが大前提になります。

発声がめちゃくちゃな状態では無理やりな発声になってしまい、喉を痛めてしまうだけなので、正しい発声を身に付けた上で、高音域の練習を重ね、音域拡張に繋がって繋げていきましょう!

ミックスボイスの練習を取り入れてみる

ミックスボイスの習得は音域拡張に繋がります。
今まで裏返ってしまっていたような音域も楽に歌うことができるようになりますし、ミックスボイスを習得することで地声と裏声の境目が無くなるので低い音から高い音まで滑らかに歌うことができるようになるんです!

ミックスボイスの練習方法についてはこちらの記事でも紹介しています。
ボイトレ完全攻略!ミックスボイス習得までの道のり〜レッスン内容大公開〜

低い音程の練習で高音域も出るようになる!?(閉鎖筋強化)

高い声が出したくて一生懸命、高音の練習ばかりしている皆さん!
実は低い声を出す習慣が高い声を出すことに繋がることはご存じですか?

地声は「閉鎖筋」という筋肉の働きにより、発声できるんです。
この閉鎖筋を使う習慣が筋肉の発達を促し、高音域を楽に地声で歌えるようになることにも繋がります。

夜や自宅など大きな声が出しにくい環境でのボイトレに低音域の練習を取り入れてみるのはオススメです!
低い声だとあまり音量も出ないので気軽に取り入れられる練習だと思います。

閉鎖筋についてはこちらの記事でも解説しています。
地声を磨きたい人必見!歌うために必要な「閉鎖筋」の鍛え方

高い声が出せれば、もっと楽しく歌える曲が増える!

音域が拡がると単純に歌える曲が増えます。
今までは「この曲カッコいいから歌えるようになりたいのにサビが高くて歌えない…」なんて諦めてた曲も歌えるんです!

高い音程を楽に歌えるようになればそれだけ音楽が楽しくなるということです!
音域を拡げるにはそれなりの練習量も必要になりますが、焦らず継続してやってみてください!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事