ボイトレtips

録音するだけ!ボイトレが上達するレコーディング習慣!

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

皆さん、ボイトレの際に録音してますか?

録音した経験がある方はご存知かと思いますが、自分が歌った声と録音して聴いた声は違います。
歌っている時に自分で聞こえている声は骨伝導により、内側から聴いている声だからです。
そのため、自分で認識している声と人が聴いている自分の声とはまったく異なったものになるのです。

普段から録音することで常に自分の歌を「客観的」に聴けるようになります。
音程を外す時の癖、細かいニュアンスまで録音で聴き取れるようになるため、何よりも効率の良いボイトレ法だと思っています。

今日は、録音の重要性をお伝えしたいと思います。

ボイトレ時、録音するだけでなぜ歌が上達するのか?

なぜ自分の歌を録音することが歌の上達に繋がると思いますか?
それは歌が最も客観的に聴くのが難しいからです。

自分が歌っている時に聞こえている声と、人が聞いている声は違うからです。
録音して自分の歌を聴き返す。
これの繰り返しで歌は飛躍的に上達します。

録音を聴けば、改善するポイントが分かる

自分では音程やリズムを正確に歌えているつもりでも、あとで録音を聴き返すと音を外してしまっていたりなんてことは多々あります。
自分の感覚と実際の歌の認識のズレを整えていくことができます。

自分の癖が分かる

自分の歌い方の癖、音程が外れやすいポイント、歌いやすい音域など自分の歌の癖も理解できるようになります。
客観的に聴くためには録音は欠かせません。

自分の声に合った曲が分かるようになる

いろんなジャンルやアーティストの曲を歌って録音してみてください。
録音を聴き返すことで自分の声に合った曲を発見することができます。
自分でも知らなかった可能性が広がり、聴いてこなかったジャンルやアーティストを聴くようになったり、歌をさらに楽しめるようになります。

歌を録音したらチェックしておきたいポイント!

歌は録音すれば上手になるわけではありません。
録音を聴き返すことが大事です。
自分の歌った録音を聴き返す時にこんなことをチェックすると良いというポイントを挙げておきます。

まずは音程をチェック!

録音してチェックしたいポイント。
まずはやっぱりみんな気になる音程ですね。
繰り返し録音して、聴き返すことで必ず音程に対しての精度が上がります。

音程がズレても自分で分からない方

録音しましょう。ズレたことにも徐々に気づけるようになり、少しずつ正確な音程で歌えるようになってきます。

音程がズレた時に気付ける方

録音を聴けば高く外れたのか、低く外れたのか具体的に分かるようになります。
高く外れたのか低く外れたのか具体的に分かる方は繰り返し録音し、自分の歌の癖を知ることでだんだんズレが小さくなっていきます。

譜割も含めてリズムをチェック!

そして続いては「リズム」です。

音楽の三大要素ですからね。
リズムが正確になるだけでどれだけ気持ち良く、カッコ良く歌えることか。

リズムのズレって経験あるかと思いますが歌っている時には自分でなかなか気付けないものなんですよね。
意外と歌えてる!と思って、あとで録音や動画で確認してみると走ってたり、モタってしていたり。

でも、だいたいパターンがあってテンポが速くなる人はいつも早くなってしまいますし、遅くなる人はいつも遅くなってしまうという傾向にあります。

日頃から録音を聴くようにすれば「あれ?ここいつもテンポが速くなってる!」と気をつけるようになりますから、リズム感は録音することで必ず上達するスキルの一つですね。

歌詞の表現やニュアンスも大切!しっかり聴き比べましょう!

最後に、歌のニュアンスや表現です。

実は録音で一番で確認した方が良いポイントはこのニュアンスの部分なんですね。
自分ではすごく心をこめて歌ったつもりのバラードも、強弱をしっかりつけてパワフルに歌ったつもりのロックも。

録音して聴くと「あれ?」ってなることが多くて案外インパクトに欠ける中途半端な表現になっていることがあります。
私の経験上、歌の表現をやりすぎる人は滅多にいません。
大抵の人は表現が控えめで「足りない」です。
普段から自分の歌い方や表現について録音を聴きながら擦り合わせるは大切です。

歌を録音するオススメの環境は?

では、歌の録音をどんな環境で録るかですがこれはカラオケボックスや自分の部屋、リハーサルスタジオなど、どこでも構いません。
ただ周りを気にせず思い切りよく歌える場所がいいですね。

録音はニュアンスなどの細かい所まで聴くことを考えれば良音質であればそれに越したことはありませんが、最近のスマートフォンの録音機能はクオリティが高く、録音してみると音質も問題ないと思いますのでお手持ちのスマホでも結構です。

ボイトレ時に録音して聴く。一番重要なことは「録音を聴くタイミング」

録音時に一番大切にしたいこと。
それは「録音した音源を聴くタイミング」です。
答えは「録音した直後」です!

例えばカラオケなどで録音したとして翌日聴いたところでその時に歌っていた時の気持ちや感覚をなかなか思い出せないものです。
必ず歌って録音したその場で聴き返しましょう。

ボイトレ時に録音して一番大事なのは「その時の自分の感覚との違い」を認識することです!
録ってすぐに聴き返すことで、歌っている最中も常に客観的に自分の歌を聴けるようになります。

余談ですが、録音した音源データに日付を入れたりして経過を追ってみるといいです。より変化が分かって良いと思います。
普段から録音をして聴き返す習慣を身に付けていきましょう。

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事