ボイトレtips

腹式で歌うは誤解?胸式呼吸と使い分けることが一流ボーカリストへの道!

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

ボイトレをやっている、もしくはこれから始めようと思っている皆さん!
「腹式呼吸」ができるようになりたい!なんて思ってネットや動画で調べたりしていませんか?

歌うなら腹式呼吸できないといけない!みたいな使命感に駆られていませんか?

確かに腹式呼吸は大切です。
しかし!
実は歌うまシンガーやプロのアーティストは「腹式呼吸」だけで歌っているわけではありません!

腹式呼吸と胸式呼吸を使い分けているものなんです。

今日は、プロが歌っている時の呼吸について解説していきたいと思います。

なぜボイトレでは腹式呼吸にこだわるのか?

確かに本格的に歌が上手に歌えるようになるために腹式呼吸を身に付けたほうが良いのですが、必ずしも腹式呼吸で歌っているというわけではないのです。

では、なぜボイトレの世界では腹式呼吸で歌うように指導されるのでしょうか?

  • 喉声を回避しやすい
  • 力強い声が出しやすい
  • 高音域も出せるようになる
  • ロングトーンも容易になる

などなど。
挙げるとキリがないほどに歌う上でメリットがあるといえます。

胸式で歌うことはないのか?

ここまでの話だと結局、腹式呼吸でいいじゃん!という話になりそうですが、胸式呼吸、つまり日常会話でしている浅い呼吸で歌うこともあるんです。
腹式で歌うよりも良い場合もあるからです。

胸式呼吸のメリット

歌は、音程が高くなったり低くなったり、メロディによっては息継ぎが少なく、一息で歌わなきゃいけなかったりする場面もあります。
そういう性質上、たくさん息が吸えて、節約しながら歌える腹式呼吸はメリットが多いです。

しかし、胸式呼吸の性質が歌に役立つ時もあります。

  • 話す(語りかける)ように歌いたい時
  • 響きの少ないはっきりした声で歌いたい時

こんな場面では腹式でお腹から声を出す必要はないんです。

歌は表現なので、日常会話に近い表現をしたい時には、日常的に使っている胸式呼吸が正解になる場合もあるということですね!

胸式で歌うのに適したジャンルは?

語りかけるように歌う時や、はっきりした地声など、日常会話により近い表現をしたい時には普段と同じ胸式の呼吸で良いということはわかりましたね!

現代の音楽はいろいろなジャンルの要素が合わさっているので、ジャンルだけで分けるのは難しくなってきましたが、あえて胸式で歌うのはこの音楽!と断定するなら「ラップ」なんですよね。

ラップは同じ音程で韻を踏むことが多いです。
音程も日常会話とほとんど変わらない高さで歌うことが多く、息継ぎも細切れでできるので深く腹式で呼吸する必要がないんです。

以前、ボーカルの生徒さんが腹式呼吸をある程度マスターした頃に語りパートのある曲をレッスンしたんです。
その生徒さんから息継ぎができなくて辛いです!と言われたことがあって、それまでさんざん「腹式になっていないですよー!」ってアドバイスしてたもんですから、ごめんなさい!この曲では一旦忘れて!と伝えたことがあります。笑

そうなんです。むしろラップでしっかり腹式呼吸を意識するとかえって苦しくなるんですよね。

現代の音楽では腹式と胸式の組み合わせで歌うのがマスト!

先ほども触れましたが、現在の音楽はさまざまなジャンルが入り混じっています。
一般的な歌モノのように高低差のフレーズがあるパートとラップ(語り)パートが組み合わされている曲も多数あります。

こういった楽曲の場合は腹式呼吸と胸式呼吸を組み合わせて歌っていく必要があるんです。

腹式と胸式を組み合わせている曲

腹式呼吸と胸式呼吸を組み合わせながら歌っていく曲の一例です。

  • さくら(ケツメイシ)
  • キセキ(GReeeeN)
  • LOSER(米津玄師)
  • Make you happy(NiziU)
  • 夜に駆ける(YOASOBI)

一部ラップとまではいえず、語りパートも含まれていますが人気の曲には高い確率で組み合わせられているのが分かります。

それでも腹式呼吸のマスターは必須!

ご紹介したようにプロの歌手も曲中で腹式呼吸と胸式呼吸を組み合わせて歌っています。

胸式呼吸は日頃行なっている呼吸法なので練習の必要はありませんが、腹式呼吸は身に付くまでしっかり練習しないとできるようになりません!

まずは腹式呼吸をマスターして、いずれは曲中でも使い分けができるようになるところまで目指していく必要があります。
そこまでいけば今まで以上に曲の表現の幅が広がって、歌うのがどんどん楽しくなっていきますよ!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事