ボイトレtips

ボイストレーナー推薦!オススメのボーカルマイク紹介!〜ライブ用〜

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

今日はライブ用ボーカルマイクのご紹介です!

よく生徒さんから「先生はライブでどんなボーカルマイクを使ってるんですか?」って質問をいただきます。

ボーカリストたるもの、自前のマイクを一本くらい持っておいてもいいのでは?と私も思っています。
自前のマイクを持つメリットもありますからね。

ということで今回は私がライブで使用しているマイクをご紹介しようと思います。
マイク購入をお考えでしたら参考にしてみてください♪

ライブ用にボーカルマイクは買った方がいいのか?

ライブハウスやリハーサルスタジオでは用意しなくてもマイクは借りることができます。
しかし、「ボーカルマイクは買った方が良いのか?」とよく聞かれるので、生徒さんに聞かれた時には必要だと感じた時、購入を考えたら良いとお答えしています。
急いで買う必要はないと考えています。

ただ、自分のマイクを用意することでメリットもあると思っています。
例を挙げてみましょう。

マイクを買うメリット①ライブ本番でも練習と同じパフォーマンスを発揮できる。

自前のマイクを手に入れるともちろん練習でそのマイクを使い、本番でも同じマイクを使います。
マイクの特性も十分理解した上で本番に向かえるのでライブ本番でも練習と同じパフォーマンスを発揮することができるのは一番のメリットだといえます。

マイクを買うメリット②衛生面で安心。

もちろんライブハウス、リハーサルスタジオをはじめ、マイクを取り扱う現場では殺菌・消毒など衛生面は徹底されているので安心です。

とはいえ、マイクは口を直接つけるものです。
自分だけが使用しているマイクという安心感は少なからずあると思います。

マイクを買うメリット③自分のマイクだと、歌う時に気持ちが切り替えられる。

これはなぜ?と聞かれると何となく!としか答えられないのですが私もこれが大きいです。笑
自分のマイクを取り出してセッティングして、いざ歌うまでの流れで気持ちが引き締まるというか切り替わるというか。

今まであまり意識したことはなかったのですが何年か前にライブにマイクを持って行き忘れたことがあって、現地で同じマイクを借りたことがありました。
全く同じ種類のマイクだったのにどこか落ち着かない気持ちだったのを覚えています。笑

ザッとこんな利点はあるので私も早々に自分のマイクを購入し、ライブの時には自前のマイクで歌っていました。

しかし、最初にお話した通り、ライブハウスやリハーサルスタジオでもマイクは用意されているので、必要だと感じるまでは慌てて購入する必要もないと思いますよ。

ボイストレーナー推薦!ボーカルマイク<ライブ用>

私が現在、愛用している「ライブ用のボーカルマイク」をご紹介します!

ボーカルマイクの定番!BETA58A

昔から58(ゴッパ)と呼ばれて、親しまれてきたライブや録音、リハーサルスタジオで使われる定番のボーカルマイクです!
ライブハウスやリハーサルスタジオに行ったことがある方は見たことありますよね?音楽関連のあちこちの施設や会場で目にするお馴染みのマイクだと思います。

私もかれこれ遡ること高校生の頃から使ってきたマイクです。
生まれて初めて買ったマイクがこのBETA58でした。
マイクの違いなんてこれぽっちも分からない頃から使っています。笑

BETA58の特徴とは?

なぜ58がここまで愛されるか。
BETA58はスーパーカーディオイドという指向特性を持っています。
これはマイクの側面の音を拾わず、ハウリングを起こしにくいという音の拾い方を持ったマイクの特性です。

上手くセッティングすればライブのような大音量の中でもハウリングを起こしにくいため、ライブハウスやリハーサルスタジオなどで利用されてきた定番中の定番マイクです。

最近では自宅で録音する生徒さんにオススメしたこともあります。
自宅だと周りの騒音も入ってしまうので防音環境のない家では、レコーディングで使用されるコンデンサーマイクのような感度の高いマイクを買うよりも適しているという判断でオススメしました。

SHURE BETA58A

ライブ用コンデンサーマイク!SHURE BETA87A

私が長年、ライブ用に使用しているマイクです。
もう10年くらい愛用しており、今ではメインで使用しているボーカルマイクです。

SHURE BETA87Aの特徴は?

ライブで使えるコンデンサーマイクです。
初めて使用した時の感想は「扱いづらい」でした。笑
コンデンサーマイクですので感度が良く、その分、音の収音範囲が非常に狭いと感じました。
少しマイクから逸れると途端に音を拾わなくなるんです。

それでも長年メインで使っている理由があります。
低音域がバッサリカットされており、近接した収音時に起こりがちな「ブーミー」な音を防いでくれます。
音楽番組「僕らの音楽」でも使用されていたと記憶していますが、特にアコースティック編成や弾き語りでは私も重宝しています。

自分の声の魅力を最大限引き出してくれていると感じています。

SHURE BETA87A(コンデンサーマイク)

ボーカルマイク購入に迷ったらご相談ください♬

今日は、ライブ用ボーカルマイクのご紹介ということで今現在メインで使用している2種類をご紹介させていただきました。

もちろん他にもたくさんの種類のマイクがあります。
ジャンルや声質、音域、発声の仕方によってマイクとの相性があるのも事実です。
僕に合っているマイクが皆さんの音楽や歌い方と合うかはまったく別です。

購入に迷っていたら気軽にご相談ください♪

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事