ボイトレtips

【バンドマン必見!】ボーカルが生演奏に合わせて上手に歌えない原因と解決策!

こんにちは!
エニタイムミュージックスクールのオカピーです!

バンドの生演奏に合わせて歌うと自分の声がよく聴こえなかったり、音程が外れやすくなったり、歌いにくく感じた経験はありませんか?
私も初めてバンド演奏で歌った時は音量の大きさに圧倒されて歌がめちゃくちゃになったのを鮮明に覚えています。
このように生演奏に合わせて歌うのに難しさを感じた事がある人は多いでしょう。

今回はバンド生演奏に合わせて上手に歌えない時の原因、解決策を解説していきたいと思います。

バンドの生演奏に合わせて歌うのは難しい?

やはりバンドの生演奏は音量や迫力も違えば、合わせて歌っている時の感覚も全然違います。
初めて生演奏に合わせて歌ってみると自分の声が聴こえにくかったり、歌うタイミングが取りにくかったり、戸惑ってしまうことが多々あります。
実際にカラオケと比べて生演奏で歌うことは難易度が高いです。
バンド演奏だと歌えなくなる理由についても述べていきます。

バンドの生演奏だと上手に歌えなくなる理由

バンドの生演奏になるとなぜ上手く歌えなくなるのでしょうか?
生演奏に合わせて歌うことに慣れていない人は以下のような理由が挙げられます。

人が演奏するとズレが生じる

演奏者が人間である以上、当然ズレが生じます。
よっぽど完璧に演奏できる人でない限り、多少のミスはあるでしょうし、若干演奏の仕方も変わることもするでしょう。
そのズレやアレンジの一つひとつが個性を生み出すのでそれが生演奏の良さでもあると同時にバンドに慣れていないボーカリストの方にとっては歌うが難しく感じてしまう原因にもなります。

バンドの音量に圧倒されて冷静に歌えなくなる

同じく生演奏に慣れていないと起こる問題がバンドの音圧に圧倒されて上手く歌えなくなるパターンです。

バンドの音圧に対して声量が足りず、どう歌っているか自分ではいまいち分からない、カラオケと違ってガイドがないので探り探り歌ってしまうなど、バンド慣れするまではこういった戸惑いが付きまとい、歌が不安定になるケースがあります。
最初のうちはそれも仕方がないと思っておきましょう!

バンド演奏に合わせて上手に歌えるようになるための解決策!

それではどのようなことを意識して、どのように歌えばバンド生演奏で歌うのに慣れるのか。
バンドに合わせて歌うためのコツをご紹介します!

バンドに合わせて歌うならセッティングが命!

各楽器はバランス良く聴こえていますか?
バンド生演奏に合わせて歌うと上手に歌えないという場合、高い確率で各楽器の音量バランスが整っていないことが原因です。
適切な音量バランスがいまいち分からないという人は以下を参考に音量調節をしてみてください。

リズムが上手く取れず、ズレてしまう場合

まずドラム、ベースといったリズム隊の音がしっかり聴こえるように調整してみるとテンポが取りやすく、歌いやすくなります。

上手に音程が取れなくなる場合

逆にドラム、ベースが大きすぎるのかもしれません。または、ピアノやギターなどの音程のガイドを担う楽器の音量を上げると歌の音程も取りやすくなる場合が多いです。

曲がうろ覚えの可能性もある!

普段の練習で曲を聴きながら歌ったり、カラオケで歌ったりした時は上手くいくのにバンド演奏に合わせると歌えなくなる場合は実は「うろ覚え」の可能性もあります。
ボーカルの声に合わせて歌ったり、カラオケ音源だったとしてもガイドメロディが収録されています。

実際ガイドとなる歌がいない生演奏では急に自信がなくなってしまう場合には、まだ曲をしっかり覚えきれていない可能性が高いので何度も曲を聴いて理解度を高めていきましょう。

声量が足りない人はボイトレで声を鍛えよう!

歌の声量が足りず、バンドの演奏に声が埋もれてしまう場合にはバンド音量に負けない声量を身に付けるために発声の基礎を養うことも大切です。
ボイトレを通じて正しいフォーム、正しい発声を身に付けば声の通りが良くなり、バンドの音量の中でも声がよく聴こえるようになり、自然と力みのない発声で歌えるようになります。

耳栓を活用するのもオススメ!

バンド活動を継続的にやる予定でしたら耳栓の活用もおすすめです!
実際に私はバンド形態で歌う時には耳栓を活用しています!
耳は消耗品。
そんな大切な耳を守る役割を担う耳栓ですが、同時に音量を抑えてくれるので歌い手としては歌いやすい環境を整えやすくなります。

どうしても音量が大きいと耳も遠くなり、発声も不安定になるものですから耳栓で音量を低減することにより、ブレない発声が可能になります。

ボーカリスト向けの耳栓も出ているのでぜひチェックしてみてください!
CRESCENDO ボーカル用 イヤープロテクター

バンド生演奏でも自信を持って歌うことが大切!

今回はバンド演奏に合わせて上手に歌うための方法についてご紹介してきましたが生演奏だと上手に歌えなくなる原因の多くは「自信の無さ」からきています。

確かに生演奏に慣れるまで多少経験が必要です。
焦らずバンド演奏の中で歌うことに慣らしていきながら、自信を持って歌えるように練習していきましょう!

では、また次回のボイトレブログをお楽しみに♪


東京都町田市のボーカルスクール『エニタイムミュージックスクール』

無料体験レッスンに関するお問い合わせはこちら
スクールに関するお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム以外にLINEや電話(042-866-3297)でも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください♪

公式SNSアカウントで日々のレッスン風景やボイトレ情報をご紹介しています。
Instagram
Twitter


あなたにおすすめの関連記事